総合的な学習:神楽

 永治小学校は、明治6年に尋常小学校として開校してから約130年の歴史ある学校です。
 学区は豊かな自然が多く、水田と畑に囲まれた農業の盛んな地域です。また、近隣には、古墳や歴史のある神社、お寺も多く存在し、古くから人々の営みが行われてきた地域でもあります。昔からの伝統行事「阿夫利神社夏季例大祭」「浦部十二座神楽」「鳥見神社の獅子舞」などが、地域の人々に受け継がれてきており、子供たちもこれらの行事に積極的に参加しています。

 本校では、こうした地域に残る文化財や伝統行事の中から、子供たちにとって最も身近である「浦部十二座神楽」を取り上げ学習をしています。
 
 神楽は、江戸時代初期から永治に伝承されたと伝えられる歴史ある伝統行事で、現在は千葉県指定民族無形文化財とな っています。毎年阿夫利神社夏季例大祭と、鳥見神社秋季例祭で、限られた地域の方 がにより、神楽の舞が行われています。
 学習をより計画的に進めることができるよう、十二座神楽の社中の方と学校の職員で「神楽推進委員会」を開いています。その中で、学習の計画を立てたり、協力のお願いをしたりしています。
 
 
 
 神楽の学習を進める上で、地域の方の協力は不可欠であり、とても大切であると考えております。地域の方達との関わりを深く持ちながら学習を進めることは、人との接し方を学ぶことを含め、地域の方の思いにふれることができ、とても意義があると考えます。快く協力してくださる地域の方に感謝の気持ちをもちながら、学習を進めています。また、地域で育つ一人として、今後も永治の良さ、伝統を大切にしようとする心を育てていきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

カウンタ

COUNT654980

大きな地図で見る
270-1367
   千葉県印西市浦部557
  電話番号  0476-42-2347
  FAX番号  0476-42-2361
  E-mail  eiji-esの後に
        @inzai.ed.jp
 

印西市教育センター情報

リンク