もどる

■ 沿革

年(元号)

西暦 できごと
明治6年 3月
1873 船穂尋常小学校として創立、校舎新築まで船穂東光院本堂及び松崎多聞院本堂を仮校舎として開校
明治18年
1885 武西に分校(武西薬師堂)
明治22年 4月
1889 船穂村立船穂尋常小学校と改称し、武西、草深分校設置
明治25年 4月
1892 武西分校独立
10月
  草深分校独立
明治28年 3月
1895 現在地に移る
明治29年 7月
1896 高等科を設置し、船穂尋常高等小学校と改称
明治44年 9月
1911 校舎(2教室)新築
大正10年  
1921 改造1教室増築
昭和10年 4月
1935 新校舎新築(武西尋常小学校を合併し、分校とする)
昭和16年 4月
1941 船穂国民学校と改称
昭和22年 4月
1947 船穂村立船穂小学校と改称
昭和31年 11月
1956 職員室、昇降口、2教室増築
昭和35年 6月
1960 家事室を改造し、給食室とする。
昭和39年 3月
1964 武西分校を廃止し、本校に統合、ロータリー工事(PTAより寄贈)
昭和40年 11月
1965 井戸工事完了
昭和41年 3月
1966 築山工事完了(PTAより寄贈)
昭和42年 5月
1967 井戸貯水タンク完成
  8月
  第一校舎内部塗装完了
昭和44年 12月
1969 給食室新築
昭和47年 6月
1972 校舎新築(鉄筋コンクリート造3階建)
昭和48年 9月
1973 変電所新設
昭和50年 10月
1975 プール完成
昭和54年 9月
1979 屋内運動場完成(体育館)
昭和59年 1月
1984 屋上・ベランダ改修、ガス・給排水工事
昭和60年 3月
1985 運動場芝植え付け、「小さな親切運動」印西支部に加入
  11月
  千葉県交通安全県民大会にて表彰される
昭和62年 7月
1987 消火ポンプ、揚水ポンプ、受水槽高架水槽交換、校庭散水機更新
昭和63年 7月
1988 校舎改修工事(壁塗装、床張り替え)
平成2年 2月
1990 特別教室増築(家庭科室、理科室、体育倉庫)、トイレ水洗化(体育館、プール)
平成3年 4月
1991 学区変更(高花小へ22名)、井戸工事
平成4年 8月
1992 3階ベランダ屋根取り付け工事、浄化装置設置工事、観察池引込線工事
平成5年 1月
1993 千葉県健康推進優良校として表彰
  6月
  プール改修工事、職員室空調設備設置
  8月
  運動場整備工事
  11月
  創立120周年記念式典(11月6日)「小さな親切運動」千葉県知事賞受賞
平成7年 3月
1995 屋外掲示板補修工事
  6月
  校長室空調設備設置
  7月
  体育館シャワー室設置
  8月
  校舎外塗装他修繕
  12月
  飼育小屋一部拡張
平成8年 7月
1996 保健室、図書室空調設備設置
平成9年 3月
1997 放送設備改修工事
  5月
  プール付属棟完成
平成10年 1月
1998 PTA永年の交通安全指導に対し、印西警察署より表彰
平成11年 7月
1999 校舎耐震工事
平成13年 2月
2001 体育館玄関屋根工事
  9月
  コンピューター室設置、パソコン15台導入
平成16年 4月
2004 第33代校長 江澤 廣着任
  9月
  サントリーオープン事業参加 なのはな花壇優秀賞
平成17年 2月
2005 水辺の環境完成
  4月
2006 新入学児童10名 学級数6 児童数84名 職員13名