COUNTER526440

新着情報

 RSS
 

アクセス


京成酒々井駅から ちばグリーンバス 学園台行,印旛日本医大駅行
学園台前下車 徒歩5分

印旛日本医大駅から ちばグリーンバス 京成酒々井駅【西口】行
学園台前下車 徒歩5分
 

学校生活の様子

学校生活の様子 >> 記事詳細

2020/02/04

5年 理科の実験

Tweet ThisSend to Facebook | by:担当1

 5年生理科の実験です。ホウ酸と食塩を水で溶かす実験です。

 ご存知のように、今は事故防止のためにゴーグルを装着してます。

 当たり前の実験のように見えますが、この考え方は様々な場面で使われていきます。食塩が水に溶けるのは当たり前のようですが・・・。実は水に食塩が溶けるという現象は複雑な現象が起きています。

 食塩は「ナトリウムイオン」と「塩化物イオン」がくっついた物質です。
 ところが水は、この食塩を再びナトリウムイオンと塩化物イオンに分けてしまう性質を持っています。この分かれている状態をたまたま「溶けている」と言っているのです。そして、イオン結合(食塩)していた物質が引きさかれる現象(食塩水の状態)を「電離」と言います。
 じゃあ、砂糖と水はどうかというと「溶ける」という見た目は一緒ですが・・・化学的には食塩とはと全く違う現象が起きています。
 というように、このあと中学校、高等学校で学習していく基礎となる実験が今日のこの実験というわけです。

 

12:48