COUNTER679495

お知らせ

こちらに,学校休校期間中におすすめな学習・補習教材を集めたページを紹介しています。下のバナーをクリックしてください。

 

新着情報

 RSS


学級編成
8学級(うち特別支援学級2学級) 
全児童数 100名
 

アクセス

〒270-1605
 千葉県印西市平賀1161−2

【アクセス】
 京成酒々井駅から ちばグリーンバス 学園台行,印旛日本医大駅行 学園台前下車 徒歩5分

 印旛日本医大駅から ちばグリーンバス 京成酒々井駅【西口】行 学園台前下車 徒歩5分
 

学校生活の様子

学校生活の様子 >> 記事詳細

2020/10/20

2年生 算数 かけ算

Tweet ThisSend to Facebook | by:担当1

 2年生は「かけざん」に入りました。
 かけ算九九の表をご存じですね。
 最初からあれを見せると「こんなに・・・」という量があります。
 でも、少しずつできるかけ算を増やしていくと、最初「あんなに・・・」という量のかけ算を苦もなく唱えることができるようになります。


  今日は、「2×8」です。
 そんな簡単なこと・・・こんなの「二八、十六」で3秒で終わってしまいます。
 でも、それはあまり意味のないことです。


  子どもたちは「2×8」で「かけ算の仕組み」「かけざんの考え方」を思考していきます。
 具体的には、おはじきで「2×8」を表わすことに挑戦しています。


 よく見ると「2のかたまり」にして、それを8組つくっています。1つずつ数えると全部で「16」です。
 おはじきは、手と頭を同時に使う具体物なので、こういう学習ではちょうどよい教材です。
 実生活でかけ算が使えるように、具体物で確かめているわけです。

   担任の先生がさらに質問します。
  黒板には8コのおはじきが2組横に並んでいます。
 これも結果は「16」です。答えは同じ!
 「2×8はこれでいいのかな?」
 (これは、8×2=16を表わしています。)
 子どもたちから「違います!」の声。


   誰か前へ来て説明してくれる人?
 みんな我こそはと手を挙げています。
 机の上で行っていた操作をやって見せるということです。

 代表の子が前に来ておはじきを操作し始めました。
 2つで1組のおはじきのかたまりがつくられていきます。
 他の子どもたちは集中して見つめています。
 これで「2のかたまりが8組」「2×8」という立式を正しく表わしたことになります。

 本人も自信ありげです。
 考え方は「9×9」でも同じです。
 実際におはじきを「81個」並べるのは大変ですが、仕組みさえ理解できていれば「9×9」の意味もこれと同じと言うことが実感できるということです。
 このように2年生は「かけざん」という仕組みを、ありとあらゆる方向から学習していきます。

13:42