新着情報

 

リンク




  

 



 
 

教育課程~概要

平成31年度(令和元年度)
教育課程編成に当たって
 本校では・きめ細やかな指導で,基礎・基本や自ら学び考える力をつける。
  ・一人一人の個性に応じて力を伸ばす。
  ・学ぶことの楽しさを体験させ,学習意欲を高める。
  ・学びの機会を充実し,学習習慣を身に付ける。等、
   授業時数を確保し、学習効果、指導の質を高めることを目指す。

1 教育課程編成の基準
 ◎学校教育法施行規則 第50条1項・51条の別表第1・52条・53条

2 教育課程編成の基本方針(新学習指導要領に従う)
 ①時数:指導要領の各学年の基準時数を確保する。(51条の別表第1)
 ②1単位時間(45分)1コマを原則とする。
    ・週指導計画作成の段階で,モジュール時間の活用など柔軟な対応を取って良い。
                                          (51条の別表第1・53条)
 ③3~6学年に「総合的な学習の時間」(以下【総合】)を設ける。
    ・【総合】は,週2単位時間 計70時間を日課表に位置づける。
    ・【総合】は,活動内容に応じて集中的にとって良い。
    ・キャリア教育・小中交流会・学習発表会は,総合に位置づける。
    ・評価については総合的な学習年間計画を参照する。
  ④外国語
  ・3・4年に「外国語活動」,5・6年に「外国語」を設ける。本校では英語を行う。
  ・3・4年の「外国語活動」は週1単位時間を日課表に位置づける。
  ・5・6年の「外国語」は週1単位時間と15分モジュールを週3回日課表に位置づける。
  ・「外国語活動」「外国語」の評価は毎学期通知表に記述する。また、学年を通し、3観点について評価を行い(英語担当提案文書参照)要録に記載する。
     ・1・2年については、生活科の中で「英語活動」として年10単位時間程度行う。
   ・1・2年の「英語活動」については、3学期間に1回、通知表の所見の中に評価を記述する。
 ⑤特別活動
  ・学級活動として,週に1単位時間を当てる。
  ・豊かな関係作りプログラム(ピアサポート)は,学級活動に位置づける。
 ⑥児童会活動
  ・委員会活動は第1月曜日の6校時に実施し、年10回程度の計画で行う。
 ⑦クラブ活動
  ・第3月曜日の6校時に実施し、年8回程度の計画で行う。 
 ⑧業間活動
    ・なかよしタイム,集会活動,体育的活動,教育相談,学校行事等を行う。
 ⑨学校行事
    ・儀式,保健,安全,体育,学芸,遠足・校外活動,勤労生産等の活動を行う。
    ※内容により,学校行事・児童会活動を教科に振り分ける場合もある。