カウンタ

COUNTER1444000

印西市教育センター

  • 小中学校のようす(印旛中学校)
  • 小中学校のようす(木刈中学校)
  • 小中学校のようす(船穂中学校)
  • 小中学校のようす(印西中学校)
  • 小中学校のようす(滝野小学校)
  • 小中学校のようす(いには野小学校)
  • 小中学校のようす(原小学校)
  • 小中学校のようす(小倉台小学校)
  • 小中学校のようす(木刈小学校)
  • 小中学校のようす(大森小学校)

リンク




  

  




 
オンラインユーザー7人
ログインユーザー0人
登録ユーザー7人

生徒のみなさんへ


 先月10月13日から16日まで、学年ごとに実施されたスポーツフェスティバル。例年とは違う形になりましたが、みなさんが楽しんでくれて本当によかったなと思っています。いつもとは違うときだからこそ、心を一つにして、楽しもうとするみなさんの気持ちが伝わってきて、とてもうれしかったです。今年は、様々な行事の中止が相次ぐ中、みなさんにとっては、かけがえのない中学校時代の思い出となる運動会に替わるものを何とか実施したいと1学期から準備してきましたが、実施できて本当によかったと思っています。

さて、今年は特別な年となりました。今から1年前、日本でワールドカップラグビー大会が行われ、世界中からたくさんの外国人が日本を訪れ、日本全体が盛り上がっていました。しかし、今年になり、状況が一変。東京オリンピック・パラリンピックが延期になるほどの世界的なパンデミックになるとは、誰も予想することはできませんでした。

そして、今年に入り、わずか数ヶ月で世界が大きく変わりました。システムが整っている学校では、オンライン授業が実施され、自宅で学校の勉強を行っていました。印西中学校も含む全国の公立学校においても、その準備が急速に進み、学校に行かなくても、自宅で勉強できる時代がまもなくやってきます。

オンラインで授業が成立するのであれば、「学校」という場に登校する必要があるのだろうか。普段、あまり考えたことはないと思いますが、何のための学校なのかという素朴な疑問が湧いてきます。学校は、もちろん、勉強するために行くところですが、じつは勉強すること以外にも大きな意味があります。

学校は小さな社会、社会の縮図です。そこには、生まれ育った環境や性格、考え方の違う人たちがたくさん集まっています。自分と気の合う人もいれば、ちょっと苦手だなと思う人がいるかもしれません。毎日、いろいろな出来事、行事がある中で、人や集団と関わりながら何とか乗り越えていくというのは、社会という場でよりよく生きていくための練習、予行練習なのです。 毎日、学校に行って、笑ったり、歌ったり、怒ったり、悩んだり、悲しんだり、悔しい思いをしたりして、またときには、つらいテスト勉強、受験勉強も乗り越えながら、生活していく。ただ、毎日、学校にいるだけで、大切な何かを自然と学んでいます。

何となく学校に行っているだけで、将来、社会で生きていくために必要なコツがつかめるようになります。それが学校に行くことのメリット、一番の意味です。

そして、今、学校全体で取り組んでいる合唱祭。歌声を通して心を一つにしようと多くのみなさんが、目を輝かせ熱中して取り組んでいます。

この熱中できるもの、没頭できるものを見つけておくということはとても大切なことです。例えば、部活動の練習に没頭し、試合に勝つために、どうすればいいのか、研究を重ねることはもちろん、趣味や特技、何でもいい。3年生は今の時期は、受験勉強で忙しいとは思いますので、読書や体を動かすこと等、気分転換できる自分の好きなことでいいと思います。没頭できるもの、自分の好きなものを大切にしてほしいと思います。

好きなことに熱くなれる経験をしておくことは、これからの人生を歩んでいく上でとても大切です。何かに没頭すると、もっと知りたい、できるようになりたい、上達するためどうすればよいのか、技術面だけでなく、精神面も鍛えなければだめだとか、ああでもない、こうでもない、試行錯誤して、自分自身を高める考え方を身につけることができるようになります。そして、好きなことに没頭できると、「好きになりかた思考回路」が発達し、好きではないこと、やらなければならないことにも、その思考回路が役立ち、意義を見つけて、取り組めるようになってくるからです。

早いもので、11月に入りました。合唱祭が終われば、3年生は進路モード一色となり、特に、時間の流れも早く感じられるようになると思います。

流れていく時間の中で、大切なのは、「基本」です。最後は「基本」。「基本」ができている人にはかないません。学習の基本、生活の基本、感染症対策・健康安全の基本を大切にして、感謝の気持ちを持ち、時間に流されず、自分軸という座標軸をしっかりもって、充実した学校生活を送ってほしいと願っています。


 

新学習指導要領 特集2

 学習指導要領改訂の基本的な考え方に続き、ポイントとなる2つのことを説明します。

≪知識の理解の質を高める資質能力を育む「主体的・対話的で深い学び」≫いわゆるアクティブラーニング
◎「何ができるようになるか」を明確化
 知・徳・体にわたる「生きる力」を子供達に育むため、「何のために学ぶのか」という学習の意義を共有しながら、授業の創意工夫や教科書等の教材の改善を引き出していけるよう、すべての教科等を①知識及び技能、②思考力、判断力、表現力など、③学びに向かう力、人間性などの3つの柱で再整理されます。
上記の①②③に基づき、すべての教科における評価の観点が①知識・技能②思考・判断・表現③主体的に学習に取り組む態度、になります

◎我が国の教育実践の蓄積に基づく授業改善(教師の授業力を高める)
 我が国のこれまでの教育実践の蓄積に基づく授業改善の活性化により、子供達の知識の理解の質の向上を図り、これからの時代に求められる資質能力を育んでいくことが大切です。
 中学校においては、これまでと全く異なる指導方法を導入しなければならないということではなく、これまでの教育実践の蓄積を大切に品ファラ、授業を工夫・改善していくことが求められています。これまで以上に次のようなことに力を入れていきます。
・語彙を表現に生かす、社会について資料に基づき考える、日常生活の文脈で数学を活用する、観察実験を通じて科学的に根拠をもって思考するなど
 

新学習指導要領 特集1

  2021年度。新しい学習指導要領が完全実施となります。
 学習指導要領は概ね10年ごとに改定されています。10年ごとに改定される理由は10年後、2030年の日本の社会を見据え、次代を担う、目の前にいる子供達にどのような資質能力を育んでいくのかを国を挙げて教育の計画を立て、実践するためです。今回改定される学習指導要領の基本的な考え方をご紹介します。

≪今回改定の基本的な考え方≫

◎教育基本法、学校教育法などを踏まえ、これまでの我が国の学校教育の実践や蓄積を生かし、子供達が未来社会を切り拓くための資質能力をより一層確実に育成すること。その際、子供達に求められている資質・能力は何かを社会と共有し、連携する「社会に開かれた教育課程」を重視すること。

◎知識及び技能の習得と思考力・判断力・表現力などの育成のバランスを重視する現行学習指導揚力の枠組みや教育内容を維持した上で、知識の理解の室をさらに高め、確かな学力を育成すること。

◎先行する特別教科化などの道徳教育の充実や体験活動の重視、体育・健康に関する指導の充実により、豊かな個々や健やかな心を育成すること。

次回は、いわゆるアクティブラーニングについてお伝えします。
 

誇れる印西中


「誇れる印西中」の創造

10月に入り、令和2年度も折り返しの時期となり、後半がスタートしました。  
 6月15日の学校再開後に行われた生徒総会で、承認された今年度の活動目標は「誇れる印西中」そして、その具体的な活動の重点として「挨拶」「自主性」「協調性」の3つが掲げられていました。
その時、目標は掲げる以上に、その意義を理解して行動していくことが大切なので、一人一人の意識を高めていこうということが、会の中で確認されました。

 あれから3ヶ月。生徒会本部役員を中心にした協議会、委員会活動、学級活動、何よりも一人一人が印西中学校生徒の一員として、大変よく頑張ってくれたと思います。

 積み上げた努力は、力を生み出します。印西中の生徒のみなさんのすばらしいところは「一生懸命頑張っている人をバカにしたりしないで、素直な気持ちで心から応援できる」ところです。

その姿が、これまで取り組んできた毎日の活動の成果であり、人を大切にする印西中学校の文化、生徒会が目指してきた「誇れる印西中」の一つだと思っています。そして、何よりもそんな生徒のみなさんを私自身が誇りに思っています。

 今年は、特別な年。様々な行事がやむなく中止になったり縮小されたりしましたが、一度しかない中学校時代の思い出の濃さは例年と変わりません。だからこそ、様々な活動に取り組む価値を見いだす意識そのものがいつも以上に高まっていると感じています。まさに、ピンチをチャンスにです。

 スポーツフェスティバルINZAI2020、合唱祭、学習、進路、部活動などへの取り組みがより充実するよう、そして、一人一人が「自分らしさへの誇り」を持てる「実りの秋」となることを心から願っています


 

学力の基本

           学力の基本はことばの力
 学力を向上させるためにはどうすればよいのか。勉強だけでなく、すべてのことに共通することですが、基本を大切にすることです。
 それでは、学力の基本とは何か。それは日本語(国語)の力です。私たちは、日本語を使って生活しています。学校で勉強する国語以外の教科もすべて日本語が使われています。人とのコミュニケーションをとるのも、人の話を聞くのも、自分の考えを話すのも、テストの問題の意味を理解するのも、すべて日本語です。
 日本語の力をつけることがすべての学習の基本です。
  
 学力向上.pdf
 
 
 

受験とは

  高校とは、自分の可能性を探しに行く場所です。進学を目指すのであるならば、今自分がおかれている環境に感謝して、真剣に向き合わなければなりません。
 そして、厳しいようですが、受験には「合否」という勝ち負けがはっきり出ます。勝ち負けがはっきり出る場に自分が正面から向き合うことは、人生の財産になります。できれば勝っておきたい。しかし、正面からぶつかっても負けることもある。
 しかし、それはそれでとてもいい経験で、人生の財産になり得ます。人生の基礎となる「乗り越える力」は受験を通して創られるとも言っても過言ではありません。
 年度の折り返し地点が過ぎ、これからいよいよ本格的な進路選択、そして受験のシーズンに入っていきます。自分としっかり向き合い、自らの進路を自らの意思で決定し、信念と覚悟をもち、受験に臨んでほしいと思います。 
 また、今年は新たな入試制度となり、疑問や不安なことがあると思います。千葉県教育委員会ホームページの「高校入試についてよくある質問」というページには、選抜制度のわかりにくいことが詳しく説明されています。情報源が公立高校入学者選抜の大元なので安心です。
 
 令和3年度千葉県公立高校入学者選抜よくある質問
 →よくある質問
 

お知らせ

 新入生のみなさん。入学式では、みんさんの礼儀正しく立派な態度に感心しました。入学後には新入生歓迎会や部活動紹介など様々な歓迎行事を在校性が中心となり企画しておりましたが、新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、それらを見送り、5月7日の学校再開を目指して休校措置をとらざるおえない状況になってしまいました。みなさんをきちんとした形で迎えられなかったことを大変申し訳なく思っています。

 在校生のみなさん。着任式や始業式では、しっかりと顔を上げて話を聞き、新たな決意を胸に抱いていると強く感じさせる大変立派な態度でした。新しく着任された先生方もみなさんと初めて会って、みなさんが創り出す温かくさわやかな雰囲気と立派な態度に驚いていました。
 始業式と同時に学校が再開してみなさんが毎日元気に学校生活を送ることができることを楽しみにしていましたが、新型コロナウィルスの感染拡大が収まらず、このように再び休校措置をとらざるおえなくなったことについて、申し訳なく思っています。

 また、先日は、教科書や副教材を学校まで取りに来てくれてありがとうございました。
先生方はわずかな時間ですが、みなさんの元気そうな顔を見ることができて、本当にうれしかったと言っていました。
 今は、大変な時期ですが、何よりも大切なのは、みなさん一人一人の「命と健康」です。そして、学校に行けなくて学習の遅れに不安をもつ人もいるかもしれませんが、自宅でいろいろなことを考えることはできます。
 今、自分にとって何が大切か、何をやるべきかをしっかりと自分で考えて、この困難を乗り越えてほしいと思っています。印西中の生徒のみなさんならきっとできるはずです。みんなで頑張っていきましょう。
 

印西中の学びを通して育てる7つの力

        次期学習指導要領が求める資質・能力 
     
 先行き不透明な時代を生き抜く子どもたちに求められているのは「様々な課題に対して主体的かつ協働的に身につけた知識や技能を活用して問題解決を図っていく力」、この力が次期学習指導要領が求める資質・能力です。
 本校では、学校を、「学びたい、伸びたいと思える子どもを創造する場」と捉え、教育活動を展開しています。子どもは、様々な対象と出会い、「こうしたい」「もっとこうしたい」という思いが高まったとき、自ら持っている資質・能力を十分に発揮します。そして、周囲の人と関わりながら目標達成のため、とことん取り組んでいきます。切実感や必要感を基に発揮した資質・能力は、しっかりと一人一人に確かな力となって育まれていきます。
   令和3年度から完全実施となる新しい学習指導要領においても、学校として、教科の枠組みを取り払い、生徒にどのような資質・能力を育むのかが求められています。こうした状況を踏まえ、これからの社会を切り拓いていくために必要な資質・能力を次の7つに整理し、保護者や地域の皆様のお力添えをいただきながら、学校教育活動全体を通して育んでいきたいと思います。

        夢を実現するための7つの力

  1  探究力(物事の本質を探り見極めようとする)
  2  情報活用力(信頼できる情報を収集し有効に活
    用する)
  3  コミュニケーション力(言葉を通して周りのも 
    の・こと・人と関わる)
  4  創造性(願いの実現に向け準備し、新たな価値  
    を創り出す)
  5  自律性(自分で自分をコントロールする)
  6  共に生きる力(周りのもの・こと・人との関係 
     をよりよいものにする)
  7  内省的思考(考えや行動を振り返り、これから
    の自分のあり方を考える)

        資質能力・学びの地図.pdf
 

目指す資質・能力


                 世の光となる力~自立・貢献~                                  
                                校長 鈴木 祥仁

  印西中学校のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。日頃より、本校の教育活動に御理解・御協力いただき、ありがとうございます。本年度も、日々の生徒の様子をお伝えしていきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 本校の学校教育目標は、「自立・貢献」です。すべての教育活動の目標でもあります。学校の役割は、社会で活躍できる人材を育成するところです。そのためには、どのような力を身に着けさせればよいのか。本校ではその力を「世の光になる力」ととらえています。世の光になる力とは、一人の人間として、なりたい自分を思い描き、自らを磨くことで輝き、その輝きが光となり、周りの人の足元を照らし、周囲の人に勇気や元気、感動を与えることできる力のことです。 
 目の前にいる生徒たちは、将来、自立して、一人ひとりの支える角度は異なりますが、日本の社会を支え、牽引していく存在になっていきます。そのときに必要なのは、「自立・貢献」すなわち「世の光となる力」を持っていることです。

 義務教育最終段階の中学校生活。中学生は、めざましく成長していきます。生徒一人一人の良さや可能性を引き出し、世の光となる力を持った生徒の育成に全力で取り組んでいきたいと考えております。
どうぞよろしくお願いします。