現在公開されているキャビネットはありません。

新着情報

 RSS
オンラインユーザー12人
ログインユーザー0人
登録ユーザー40人

お知らせ

下のバナーをクリックすると,千葉県教育委員会のHPにとびます。
興味のある方はクリックして下さい。 
 


印西市学校図書館司書さんお薦めの本を紹介します


 

2020 6年生

6年生 >> 記事詳細

2020/06/03

6月 3日(水)6年生へ

Tweet ThisSend to Facebook | by:6年
みなさん、おはようございます。
明日は6年生の登校日です。
今日の課題 ①漢字 ②英語 ③算数 ④理科

『理科HP実験室』ワークシート③-1 ③ー2
実験1(教科書P39)
[ア]気体検知管で調べる。
気体検知管で、それぞれのふくろの中の空気中の酸素と二酸化炭素の体積の割合を調べる。※まず、気体検知管の説明(教科書P210)を読もう。

 
すう空気=そこらへんの空気を集める。

 
はいた空気=〇先生の息をとる。

 
ふくろに検知管を差し込んで空気をぬきとり、酸素と二酸化炭素を測定する。

[イ]石灰水(せっかいすい)で調べる。
それぞれのふくろの中に、ふくろの口を手でおさえながら石灰水を入れてふり、変化を見る。※まず、石灰水の説明(教科書P211)を読もう。

 
石灰水はもともと透明な液体だが、多くの二酸化炭素にふれると、白くにごる性質がある。そこで、すう空気のふくろと、はいた空気のふくろに、それぞれ石灰水を入れ、ふりふりするとどうなるか見る。
 
ふりふり         ふりふり

結果
[ア]気体検知管を使った実験
すう空気にふくまれる酸素 → 19%くらい

  
はいた空気にふくまれる酸素 → 14%くらい 


すう空気にふくまれる二酸化炭素 → 0.1%以下 


はいた空気にふくまれる二酸化炭素 → 3~4%くらい


※はいた空気のふくろの内側→水てきでくもる


[イ]石灰水を使った実験
すう空気に石灰水をまぜる → 透明のまま
 

はいた空気に石灰水をまぜる → 白くにごる!

08:00