スマートフォンで正しく画面が表示されない場合は、画面下部の「パソコン」のアイコンをクリックしてください。

 
 
 
 

アクセス

印西市教育センターは「そうふけふれあいの里」の3階にあります。

〒270-1337 千葉県印西市草深924 
 「そうふけふれあいの里」3階
 電話 0476-47-0400
 FAX 0476-47-6644
 E-mail kyoucenter
              @city.inzai.chiba.jp
 

1.電車
  北総線 印西牧の原駅から徒歩 30分

2.自家用車
  駐車場案内1
  駐車場案内2 
 
3.バス 
  ふれあいバス 南ルート  中ルート
  「そうふけふれあいの里」下車
 

行事予定(センター関係)








 

お知らせ

学びの里通信

学びの里通信 >> 記事詳細

2020/12/21

小中学校のようす(大森小学校)

| by:教育センター
今年から始まったプログラミング学習。

2020年から小学校で始まるプログラミング教育の『ねらい』のお話以前にそもそもプログラミング教育とは一言で言うと通常の授業の中にIT技術を取り入れる事です。

プログラミング教育を通してプログラミング思考を育てることで、問題解決力、論理的思考、創造力を育てることが出来ます。








なぜ、小学校にプログラミング教育を導入するのか。
1 家電や自動車をはじめ身近な多くのものにコンピュータが内蔵
  →人々の生活を便利で豊かに
2 コンピュータをより適切、効果的に活用していくためには、その仕組みを知ること が重要
3 コンピュータはプログラミングで動いている
  →コンピュータの仕組みを知る
  →より主体的に活用できる
☆コンピュータが「魔法の箱」でなくなる(ブラックボックスでなくなる)

➢子どもたちの可能性を広げることにもつながる。
➢プログラミングの能力を開花、創造力を発揮
→起業する若者、特許を取得する子供も
➢将来の社会で活躍できるきっかけ
➢コンピュータを理解し上手に活用していく力を身に付けることは、あらゆる活動においてコンピュータ等を活用することが求められるこれからの社会を生きていく子供たちにとって、将来どのような職業に就くとしても、極めて重要。
                                なのです。

09:00 | 小中学校のようす

新着情報

 RSS

お知らせ

 
2837278
オンラインユーザー27人

お知らせ

藤田医科大学医学部
微生物学講座・感染症科
ホームページより許可を受けて掲載しています