☆「印西市の不登校対応」のページを設置しました。

★施設工事のため、次のように移転しています。
「教育センター」は「印西市立高花小学校内」へ
適応指導教室「緑のまきば」は「中央公民館」へ
「森のステーションまきば」は小林公民館へ
(令和7年3月まで 詳細は画面左のメニューをご覧ください)

 
スマートフォンで正しく画面が表示されない場合は、「PCモード」でご覧ください。(PCのアイコンをクリックしてください)
 
4769273



※印西市小中学校教職員のみアクセス可




 

教育センターが移転しました

印西市教育センターは改修工事のため移転しました

期間
令和5年9月1日~令和7年3月31日

場所
〒270-1342
印西市立高花小学校内
(印西市高花2丁目4-4)

電話番号
070-3797-2683
 

アクセス

印西市教育センターは「印西市立高花小学校」内に移転しました。

〒270-1342 印西市高花2丁目4-4
印西市立高花小学校 内

 電話 070-3797-2683
 
E-mail kyoucenter
              @city.inzai.chiba.jp
 
 



















 

お知らせ

 

各学校でのICT活用についてお伝えします


2024/02/29

印西市小中学校ICT活用

| by:教育センター
今日は1年生が道徳の授業を行いました。
1年生の道徳は「よく生きること、よく死ぬこと」です。「子どもだって哲学、いのちってなんだろう」からの出典で、いのちについて、少し哲学的に考えるものです。あたりまえのことだけれどつい忘れがちなこと、いのちは1回しかありません。どう生きることが、最終的なよい死につながることを考えます。タブレットPCで全員の意見を共有しながら授業は進みます。

3Cも道徳の授業がありました。3Aの担任の先生の授業です。「足袋の季節」という題材です。寒くてどうしようもなく、足袋がほしいために、団子屋さんのおばあさんが、おつりを間違えて多くくれたことをどうしても言い出せなかった話です。道徳としては名作のぶるいに入り、昔から多くの道徳の副読本に掲載されていました。3CもタブレットPCを使って皆の意見を共有します。


10:00 | 印西市小中学校ICT活用