スマートフォンで正しく画面が表示されない場合は、画面下部の「パソコン」のアイコンをクリックしてください。

「緑のまきば」開室しています。
 
 
 
9月は
印西市いじめ防止
啓発強化月間

です

 

アクセス

印西市教育センターは「そうふけふれあいの里」の3階にあります。

〒270-1337 千葉県印西市草深924 
 「そうふけふれあいの里」3階
 電話 0476-47-0400
 FAX 0476-47-6644
 E-mail kyoucenter
              @city.inzai.chiba.jp
 

1.電車
  北総線 印西牧の原駅から徒歩 30分

2.自家用車
  駐車場案内1
  駐車場案内2 
 
3.バス 
  ふれあいバス 南ルート  中ルート
  「そうふけふれあいの里」下車
 

行事予定(センター関係)





 

お知らせ

市教委よりお知らせ

 
学びの里通信 >> 記事詳細

2019/11/25

オリパラ教育における講演会(いには野小)

| by:教育センター
 いには野小学校で行われた「オリパラ教育講演会」です。
 「オリパラ教育」とは、オリンピック・パラリンピックの理念にもとづいて、その価値を体験を通して学んでいく活動です。
 子どもたちはこの話に聞き入っていたようです。記事の中に「本物に触れる」という言葉があります。大切なことだと再認識します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日も静かに集合する子ども達。3年生以上が講演を聞く
ためにアリーナに集まります。

今回はパラリンピックアスリートでもある、村上清加さん
を招いてお話を聞きました。村上さんは印西在住のパラ
アスリートで、競技を始めるまで、そして今の活動について
のお話をしてくださいました。


陸上競技用の義足をつけて走る姿はまさにアスリート。
でもそこに至るまでの様々な葛藤、苦悩などが語られると
そのお話にみんな静かに聞き入っていました。

3年生には少し難しいかなと思ったのですが、感想を
聞いてみると、みんなものすごく理解をしていたのも、
「本物に触れる」ことができたからでしょう。

第二部では、村上健二さんがボブスレー日本代表につい
てのお話をしてくださいました。体が一瞬で柔らかくなる
方法や、ボブスレーの迫力ある滑走映像などに、これまた
子ども達はひきこまれていました。


その後、義足の体験もさせていただきました。義足で
歩くことの難しさ、しかし、義足があることで広がる
世界について、子ども達は感じ取ったようです。

最後にお二人と写真を撮らせていただきました。講演の
題名通り、子ども達にとって「大きな一歩」になった
1日でした。ご講演いただきありがとうございました。

実は講演終了後、村上健二さんの「教員向け第2ラウンド講演
短距離や長距離を速く走る方法」が職員室で開かれ、大盛況だった
のは少しだけ秘密です。そのうち、いには野の子達にも先生方から
伝えられることでしょう。



15:00 | 小中学校のようす
市教委より

新着情報

 RSS

お知らせ

 
2710035
オンラインユーザー24人

お知らせ

藤田医科大学医学部
微生物学講座・感染症科
ホームページより許可を受けて掲載しています

 

千葉県教委新着