スマートフォンで正しく画面が表示されない場合は、画面下部の「パソコン」のアイコンをクリックしてください。

「緑のまきば」開室しています。
 
 
 
9月は
印西市いじめ防止
啓発強化月間

です

 

アクセス

印西市教育センターは「そうふけふれあいの里」の3階にあります。

〒270-1337 千葉県印西市草深924 
 「そうふけふれあいの里」3階
 電話 0476-47-0400
 FAX 0476-47-6644
 E-mail kyoucenter
              @city.inzai.chiba.jp
 

1.電車
  北総線 印西牧の原駅から徒歩 30分

2.自家用車
  駐車場案内1
  駐車場案内2 
 
3.バス 
  ふれあいバス 南ルート  中ルート
  「そうふけふれあいの里」下車
 

行事予定(センター関係)





 

お知らせ

市教委よりお知らせ

 
学びの里通信 >> 記事詳細

2020/06/15

小中学校のようす(本埜小学校)

| by:教育センター


4年生社会の授業!
そこで使われている、副読本!!

暦を迎えた「すすむ千葉県」すすむ千葉県の創刊はなんと、
昭和35年!自分の生まれ年と同じ!
60年の歴史なんてまたすごい!
昭和ノスタルジー漂う、昭和35年と言えば、東京タワー完成。浩宮樣誕生。(私の名前の浩の由縁です)九州場所で大鵬初優勝。石原裕次郎・北原三枝結婚。ダッコちゃんブーム。家つきカーつきババア抜きが流行語になった時代です。


 すすむ千葉県の内容は、県内の最新ニュースから生活に密着した話題まで、卓抜した視点と鋭い切り口で、昭和、平成、令和と子どもたちに伝え続けてきた「すすむ千葉県」が、今年創刊60周年を迎えました。これまでの60年を踏まえ、すすむ千葉県はこれからの時代も子どもたち選ばれるメディア(副読本)として信頼を重ねていきます。


千葉県の小学校で学ばれた方は、記憶になくても、ほとんどの人が幼いときに
「すすむ千葉県」を開いているはず。尊敬とか憧れとか、そういう次元じゃないこの気持ちはなんでしょうか^_^;。



4年生がが取り組んでいた課題。
机に広げていた副読本は、もちろん、すすむ千葉県。
あった!あった!
私が小学生の頃からあった副読本に興奮です。
そりゃぁ、昔とは内容違うかもだけど、
当時とおんなじもの使っているのはなんか嬉しいです。ちなみに「すすむ千葉県」というのは、私が小学生時代の副読本の最新版です。(^▽^)


さて、千葉県の風景をお品書きに加えることにします。まずは千葉県をご存じない方のために、千葉県とはいかなる場所かご紹介します。

  千葉県は東京の東側に位置し人口6,285,143人(全国6位)、県内の市町村数は54市町村 (37市16町1村、面積5,157平方キロ(全国28位)を有しており、岩手県の約34%の面積に約4.5倍の県民がひしめきあって住んでいます。半島状の地形の東と南は太平洋、西は江戸川と東京湾、北は利根川とそれぞれ接し、一部地域を除いて橋や船無しでは他都県に行けません。橋を落として海の守りを固めれば独立できてしまいます。

  そんな千葉県の名産と言えば「落花生」ですが、全国生産の3/4が千葉県産だそうです。でもその生産量は中国産にはるかに及びません。また、梨の収穫量が全国第1位であり、大根、人参、さといも、ソラマメ、スイカ、ビワが全国第2位。他にもキャベツ、ショウガが全国第3位、ごぼう、トマトなどの作物の生産も盛んなんです。そんな勉強をしています。


 


09:00 | 小中学校のようす
市教委より

新着情報

 RSS

お知らせ

 
2709548
オンラインユーザー20人

お知らせ

藤田医科大学医学部
微生物学講座・感染症科
ホームページより許可を受けて掲載しています

 

千葉県教委新着