閲覧総数

3359178
オンラインユーザー16人

カレンダー(拡大可能)



 
   
大きな地図で見る

  
Email:nishinohara-esの後に@inzai.ed.jp
〒270-1334
千葉県印西市西の原2丁目7
TEL    0476-45-0150
 
Google


 
 

無理なく 楽しく できるときにできることを ☆SINCE2010☆

                            

 

西の原っ子応援団

西の原っ子応援団 >> 記事詳細

2019/12/03

家庭教育学級「家庭教育シアターフォーラム」

Tweet ThisSend to Facebook | by:7年生
12月3日(火)に家庭教育学級「家庭教育シアターフォーラム」が行われました。

「ハッピーバースデー~命かがやく瞬間~」を視聴し,感想発表をした後,家庭教育指導員の小島先生から講話をいただきました。


始めに校長先生のお話がありました。


講師は,第1回家庭教育学級でもお世話になった小島先生です。


「ハッピーバースデー~命かがやく瞬間~」を視聴


【あらすじ】
母からの精神的虐待を受け続けていたが、それでも「母に愛されたい」と思っていたあすか。しかし、あすかの11歳の誕生日に兄から暴言を吐かれ、その直後に母親の非情な言葉を聞いたショックから声を失ってしまう。「生まれてこない方がよかった」とまで思うほど追いつめられるあすかだったが、祖父母の無償の愛によって心の傷を癒し、人々との出会いによって多くのことを学び、成長していく。そして、あすかのその姿を見て、あすかを顧みようとしなかった家族も自分たちの過ちに気づき、自分自身の心を見つめ直し、あすかのことを受け入れていくようになる。




視聴後に感想を発表




最後に,小島先生から子育てについての講話をいただきました。

参加した学級生からは,次のような感想がありました。
・母親として子どもに愛情を注ぎたいと常々思っていて,なるべく言葉なども気を付けたいと思っていますが,なかなかうまくいかないときもあります。でも,人間はやっぱり一人じゃないということをすごく感じました。
・子どもは親のことが大好きで,何があっても親の愛を無条件に求めていると思います。大きな心で子どもに対して「大切」と思う気持ちを伝えていきたいです。
・母親の存在がいかに大きいかを再確認しました。うちの子もよその子もみんな宝なのです。大切に見守り育てていきたいと思います。

次回が最終回で,親子歯みがき教室を行います。
終了後には,閉級式も行います。
たくさんの参加をお待ちしております。

13:20