小規模特認校について

印西市に在住または転居予定の皆様へ
 印西市では、令和5年4月より、希望により市内全域から小規模特認校を選択できる小規模特認校制度を導入し、本校は市内中学校で唯一の小規模特任校に認定されています。この制度は、従来の通学区域は残したままで、特定の小規模の学校において、通学区域に関係なく印西市内のどこからでも就学を認める制度です。
 詳しくは印西市ホームページをご確認ください。
 また、小中学生のお子さんを持つ保護者の方で、見学を希望される場合は、印西市教育委員会学務課、及び本埜中学校までご連絡ください。

お知らせ

こちらに,学校休校期間中におすすめな学習・補習教材を集めたページを紹介しています。下のバナーをクリックしてください。


COUNTER954883

新着情報

 

お知らせ




日誌

2022年度 >> 記事詳細
2022/09/20

「テストより恐いんですよ」

固定リンク | by:管理者
天候は心配していたほどではなく生徒達は通常校。来るなり「メチ
ャクチャ大変でした。1時間かかりましたよ」等と冗談を言ってくる
生徒もいました。事故ケガ等なく登校でき安心しました。今週は3日
間ですので気分も晴れているかと思いきや「ある意味テストより恐
いんですよ。テスト返却が」と。テスト返却は確かに嫌なものかもな。

2年生の様子(国英数体理総)
   国語は『随筆の味わい』枕草子と徒然草の作者は?みんな知
   っていました。英語、数学はテスト返却。「うわー」と悲鳴に似
   た声が。合計点を気にします。体育は合同体育祭練習。3年に
   負けない意識と取組です。理科は『生物の体のつくりと働き』 
   
   
   
 

3年生の様子(数社技体英総)
   数学は『2次関数』y=ax²の変化の割合は?求めます。社会、英
   語はテスト返却。全教科返ってきて出来は…。技術は『生物
   育成』1年のサイクル、命のサイクルを学習。体育は合同体
   育祭練習。3年生が見本となって気合いを注入?し。いい感じ。
   
   
   

体育祭オリエンテーション・結団式(6校時)
  実行委員長の話、活動時の心得など話がありました。結団式で
  は団長に団旗が渡され、応援団紹介後、各団に分かれ応援練習。
  最後は互いの健闘を讃えるエールが行われました。テーマは
 『進取果敢~限界まで燃え尽きろ~』今年も見せるぞ本埜中魂!
 
 
08:19 | 投票する | 投票数(9) | コメント(0)