この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

教育課程概要

令和4年度教育課程の編成    (教育目標具現化のために~)

1.教育目標                                                                             
    「自らの可能性に挑戦する活力あふれる木下っ子の育成」
      ○「進んで学び、考え、表現する子」
      ○「思いやりのあるやさしい子」
      ○「丈夫でたくましい子」

2.指導の重点
 1「進んで学び、考え、表現する子」を育てるために
(1)目標
 ①基礎・基本となる知識,技能を確実に身につけさせたい。
 ②進んで学ぶ意欲を育てたい。
 ③自ら考え,判断し,解決したことを,豊かにわかりやすく表現できる子どもに育てたい。
 ④家庭での学習習慣を確立させたい。
(2)具体的な方策
  ・基礎学力を定着させるために,ドリル学習,振り返り学習,家庭学習の習慣化に努め,できるまで,わかるまで繰り返し指導する。
  ・授業中の言語活動を充実させ,コミュニケーション能力を育成する。
  ・課題解決学習を通して,自ら考え,判断し,解決できる子どもの育成を図る。
  ・キャリア教育(職業体験学習)の充実を図るため,地域や人材の開発を推進する。

2「思いやりのあるやさしい子」を育てるために
(1)目標
   ①明るく元気なあいさつと,場に応じた礼儀正しい子どもを育てたい。
   ②人との違いを認め,誰とでも仲良くできる子どもを育てたい。
   ③相手の気持ちを考え,行動できる子どもを育てたい。
(2)具体的な方策
  ・道徳の授業を充実させ,積極的に授業を公開する。
  ・教育相談期間(一人ひとりの子どもと面接)を年2回実施する。
   ・ 特別支援教育に全職員が積極的に取り組む。
  ・学校生活アンケートを活用し,児童・保護者との連絡を密にする。 
  ・地域の方々との交流や異学年交流(縦割り活動)を活性化する。
  ・いじめは絶対に許さない。「いじめはしない。させない。見逃さない。」の徹底を図る。
3「丈夫でたくましい子」を育てるために 
(1)目標 
    ①自らの健康は,自らがコントロールし,改善し,高めていける子どもを育てたい。
    ②自分の命は,自分で守れる子どもを育てたい。
    ③運動好きな子どもを育てたい。
    ④苦手なことにも、最後まであきらめずに取り組める子どもを育てたい。
(2)具体的な方策                                                           
 ・様々な状況を想定した避難訓練を毎学期2回実施する。(授業中,休み時間,清掃時間等に,火災・地震・不審者対応の訓練を実施)
  ・体育的行事(運動会,マラソン大会,なわとび大会)を通して,全力を尽くしてがんばる子どもを育成する。
  ・外遊びを奨励し,体を動かすことが好きな子を育成する。
  ・「自分の健康は自分で守る」という積極的な健康観を育成し実践させる。