COUNTER509286

新着情報

 RSS
 

アクセス


京成酒々井駅から ちばグリーンバス 学園台行,印旛日本医大駅行
学園台前下車 徒歩5分

印旛日本医大駅から ちばグリーンバス 京成酒々井駅【西口】行
学園台前下車 徒歩5分
 

学校生活の様子

学校生活の様子
12345
2020/01/23new

6年生

Tweet ThisSend to Facebook | by:担当1

 印西市の納税課の方が税金について教えてくださいました。消防署や警察、ゴミ処理、学校等税金で運営しているものが身近にはたくさんあることを知りました。

 DVDの視聴では「もし税金がなかったら?」という世界をアニメーションで解説していただきました。学校の校舎や体育館、プールの建築費用です。10億円と言われてピント来ませんね。プールは1億円です。
右端は、実際の札束の厚みや大きさがそっくりな「1億円のレプリカ」です。1億円で10キログラムあるのだそうです。

 この2人が主人公です。右の写真は1億円をトランクに入れたときの重量を実感しているところです。10キログラムあります。結構重いです。
 6年生はちょうど日本の政治の仕組みのところを学習しています。国会議員や国会、裁判所も税金で運営されています。タイムリーですね。

13:32
2020/01/22new

1年 図工

Tweet ThisSend to Facebook | by:担当1
 「くしゃくしゃ がみから うまれたよ」ということで「さくらがみ」を使った半立体作品です。

 こんな感じです。まるめたり、しぼったり、ちぎったり・・・。

 まるめてますね

 はじまったばかりですが、出来上がりが楽しみです。

 ちぎったり・・・のりづけしたり・・・。

12:32
2020/01/22new

2年生 豆まき

Tweet ThisSend to Facebook | by:担当1
 2年生のろうかにあるロッカーの上に、何やら怪しいお面がありました。
 休み時間子どもたちにきいたところ「鬼のお面!」「豪華な鬼のお面!」という返事が返ってきました。「なにに使うの?」ときくと、「鬼退治!!」元気に返答が返ってきました。

 





 返事ももどかしく、廊下に連れ行かれお面を被るのを見せられました。せっかくなのでかわいい子ども鬼たちをカメラでパチリ!

 この感じで近所の角にでも立立たれて、じいっとこちらを見られたら、かなり恐いです。これでは本当の鬼も逃げ出しそうです。顔をアップにするとこんな感じです。豆まきの様子も実際見てみたいですね!

12:17
2020/01/22new

オリパラ教育講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by:担当1
 昨日は、456年生対象のオリパラ教育講演会ということで、幅跳び、100メートルで活躍している村上 清加 さんをお迎えしました。
 簡単に村上選手のプロフィールを
 大腿義足の200m走と走り幅跳びの前日本記録保持者。現在は更新されています。2009年に事故で右足大腿部半分を切断。2015年ドーハ・2017ロンドンの世界選手権の日本代表 パナソニックやENEOSのCMに出演
(エネゴリ君や桐生選手・ケンブリッジ飛鳥選手がバトンをもって走るあれです。あのCMに村上選手もバトンを持ち走っていました。)

 右足を事故で失いましたが、その後義足を付装着しながら、様々な出会いや人一倍の努力で日本を代表するアスリートとなりました。子どもたちも真剣に話を聞いています。

 トイレ休憩中に自然と村上選手の周りには子どもたちの輪が・・・。お話に感動したのと、「もっと教えて!」という子どもたち・・・。村上選手が魅力的で輝いて見えたのでしょう。いろいろな質問をしていました。

 後半は、実際に装具体験です。村上選手が優しく装着し歩き方を教えてくださいました。子どもたちも皆「思ったよりも難しかった」と言っていました。

村上選手の講演での言葉
「悩なやんで立ち止まり,一歩
長い人生の中で,みなさんもおもなやむことや,苦しむことがあるかもしれません。しかしそれは,全くおかしいことではありません。そういうときは,一度立ち止まり,その先自分がどう行動するか,考えてみましょう。そのうえで勇気を持って次の一歩をし,こんなんえていく力を身につけてほしいです。
わたしの目標はまだまだ高いところにありますが,いつしようけんめい練習を続けて,みなさんの前で走りを見てもらえるようにがんります。おうえんよろしくお願いします! 」

 最後は学年ごとに集合写真を撮りました。
 6年生の感想のいくつかを紹介します。
「私はお話を聞いて、自分も将来の夢に向かってがんばろうと思いました」
「手術後の苦労や大変さを知ることができました」
「ぼくは義足をつけたらすぐに歩けると思ったけど、1年くらい練習したと聞いて驚きました」
「義足体験をして、義足をして歩くのはとても難しいんだなと思いました」
「私も村上選手のように努力をして、自分の目標を達成しよう思いました」
「東京2020パラリンピックに出られるようにがんばってください。おうえんしています!!」
 
 子どもたちも、村上選手からたくさん学び、そしてたくさんのパワーをもらったようですね。

10:11
2020/01/20new

すべり台撤去

Tweet ThisSend to Facebook | by:担当1

 校庭のすべり台が以前から使用禁止になっていました。経年劣化で錆による腐食で穴があいてしまっているからです。本日業者が来て、撤去の準備をしていました。現在、オレンジの囲いがしてあります。
 新しいすべり台は今年度中にお目見えする予定とのことです。

15:59
2020/01/20new

1年生の給食

Tweet ThisSend to Facebook | by:担当1

 本日の給食です。
 ご飯、魚、納豆和え、けんちん汁、牛乳、デザートです。


 お行儀よく皆さん待っています。当番の子どもたちも慣れたものです。非常にスムースに用意が進んでいきます。

 仕事内容も絶妙、ご飯を最後の子に配膳したら、もうほとんど空です。感覚的に量がつかめるようになってきたのですね。素晴らしい!全員が用意できるまできちんと背筋を伸ばして待っています。両手を合せていただきます。

 今日は、印旛給食センターの先生が指導にきています。食べながら先生のお話を聞いています。「カルシウム」についてのお話です。右上の写真はリンゴジュースのパックですがカルシウムが7ミリグラム含まれています。ですから、骨が7本としてあります。子どもたちには「カルちゃん7本」としています。
では、皆さんが今飲んでいるこの牛乳には・・・カルちゃんは・・・なんと221ミリグラムも含まれています。

 ですから、カルちゃんが221本分が教室の端から端まで伸ばしも足らないくらいの長さになりました。
 カルちゃんは(カルシウムは)、骨を強くしたり、太く長くしたりと成長にはなくてはならない栄養です。というお話でした。この後、栄養士の先生も1年生といっしょにおいしく給食をいただきました。
 栄養士の先生ありがとう!!

13:26
2020/01/20new

6年生 校外学習

Tweet ThisSend to Facebook | by:担当1

 この日は午前中の予定だけで5000人の国会議事堂見学があったそうです。この時期が一番のシーズンだそうです。(国会議事堂内は撮影禁止なので、集合写真だけとなります。)

 ここは大江戸博物館。江戸時代の江戸の様子をわかりやすく展示してある博物館です。

 右端は「千両箱」です。持ち上げると小判が千枚入った
重さを実感できます。

 右端は、日本橋をモデルとした橋です。
 庶民の生活も職業ごとリアルに展示してありました。

 館内はほとんどが小中学生で一杯でした。
 班行動で取材ということですが、何が印象に残っているでしょうか。帰ったから「まとめの新聞」が楽しみです。

12:47
2020/01/16

 5年 図工 版画

Tweet ThisSend to Facebook | by:担当1
 5年生の図工です。現在、版画に挑戦中です。
 今は多色刷りが増えてきています。
 黒や紺一色ではなくて、様々な色がつくと華やかに見えるからでしょうか。

 最初は下絵を描いて、色鉛筆で色をつけます。これが設計図となります。版画の面白さはつくる工程が長いせいか、想像とは違った意外な表現に仕上がるところでしょうか・・。

 半透明のパラフィン紙のような紙を下絵の上に重ねて、絵の線をなぞり形を作っていきます。次に、写し取ったパラフィン紙の下にはカーボン紙を重ねます。それを、板の上に置き線をなぞると右端のように板に絵が写りますこれをもとに彫っていきます

 一生懸命彫っていますね。この彫る工程も三段階あります。一度に全部彫らずに、三回に分けて彫って刷るのです。
 第一段階が終わったら一度板に必要な色をのせて、紙に刷ります。このあと板に付いた絵の具は一度洗い落とします。乾かして、2回目の彫りに入ります。
 経験したことない表現方法に少し戸惑いますが、シンプルな形と色の良さにきっと魅力を感じることができると思います。また、続きは紹介していきたいと思います。

12:10
2020/01/16

1年生 体育

Tweet ThisSend to Facebook | by:担当1
 1年生の体育の時間です。短縄の様子です。「縄跳び検定」というのがあり、まずは普通に跳びます。次に足で「グー チョキ パー」をやると級が認定され技が徐々に難しくなるというものです。



 跳べるようになってきたのか、何度でも子どもたちは挑戦していました。随分上手になってきましたね。

11:42
2020/01/15

3年生の英語の時間です

Tweet ThisSend to Facebook | by:担当1
 what is this? (これはなんですか?) 
 It 〇〇(〇〇です)
という会話の学習でした。先生が子どもたちに質問する形式です。皆さん元気に発表していますが、問題はなかなか日本語でも難しです。


 その問題がこれです!

 左から海星「ヒトデ」海月「クラゲ」海馬「タツノオトシゴ」です。ヒントはあるものの、子どもたちも字の様子からよく正答できていました。
「ヒトデ」は「starfish」だそうです。「海にいる星の形をした魚・・・」というところでしょうか。

「クラゲ」は「jellyfish」だそうです。「ゼリー状の魚・・・」ですね直訳すると。

「タツノオトシゴ」は「a seahorse」だそうです。「海にいる馬に似た魚・・・」というところですね。

 「とんちクイズ」のようなところもあり」「あっ、わかった!」と手を挙げて発言している子どもたちの様子が微笑ましかったです。

11:32
12345