印西市立原山中学校         Harayama Junior High School                         
学校教育目標
「夢の実現に向けて豊かな心とたくましく生きぬく力を持つ生徒の育成」
              ~S.C.S.E.を通して~
S Safety(安全・安心)   いじめのない安全・安心な学校
C Courtesy(礼儀正しさ) あいさつの素晴らしい学校
S Show(見せる)      授業・行事の充実した学校
E Efficiency(効率)     けじめのある学校
 

COUNTER

1226420

印西市教育センター

  • 認知症サポーター講座(木下小学校)
  • 観劇会(大森小学校)
  • 1000か所ミニ集会(船穂中学校)
  • 白鳥を迎える会(本埜小学校)
  • 「食育」の授業(原小学校)
  • 「食育」の授業(高花小学校)
  • 「だし」の授業(内野小学校)
  • 昼休みの工作会(木刈小学校)
  • 人権週間の取組(だんだんの集い:原山中学校)
  • 人権週間の取組

日誌


2018/06/27

命の授業

Tweet ThisSend to Facebook | by:原山中HP担当
本日6月27日(水)5~6校時にかけて、成田赤十字病院から川戸仁先生を講師にお招きし、印西市保健事業「命の授業」を実施いたしました。非常に暑い体育館の中でしたが、全校生徒は川戸先生のお話と映像を食い入るように見つめていました。

全校生徒が体育館に集まり、お話をうかがいました。

講師を務めて下さった、川戸仁先生です。

川戸先生は成田赤十字病院で、第二新生児科の部長をしていらっしゃいます。

生徒のみんなに質問を投げかけ、生徒の中に入っていってわかりやすくNICUの仕事を伝えて下さいました。
まず質問、1問目。「赤ちゃんはなぜ泣くのでしょう?」

生徒たちははじめはおずおずとでしたが、手を挙げて自分の考えを発表していました。「歯もなくて、しゃべることができないから、何とか伝えようとしているのではないかと思います。」

1人発表する生徒が出ると、次々に手が上がりました。「泣くことで、呼吸の練習にもなっていると思います。」

「やっぱり生理現象なのではないか」と思います。

「おなかがすいた、とか、おしっこが出て気持ち悪い、と伝えていると思います。」
などなど、たくさんの意見が出ました。

質問2問目。「赤ちゃんはどうして赤ちゃんと呼ぶのでしょうか?」

「真っ赤になって泣くからだと思います。」

「おしりが赤いからだと思います。」

「皮膚が赤いからだと思います。」
たくさんの意見が出て、川戸先生は驚いていました。そしてみんなの反応の良さに、大変喜んで、ほめて下さいました。

その後、日本中で1日に平均して、何人の赤ちゃんが生まれているか、4択での質問がありました。①1000人 ②2000人 ③3000人 ④4000人 さてどれでしょうか。

正解は③の3000人。あたりましたか?

次の質問は、どのくらいの大きさで生まれた赤ちゃんが、NICUの救命治療で生きることができるでしょうか、という4択です。①200g ②300g ③400g ④500g どうでしょうか。
 
そうではないかな、というところに手を挙げています。
正解は②300g。本当に小さな命も助かっていることに驚きました。

川戸先生は新生児科のドクターだけでは小さな命を救うことはできないとおっしゃいました。産婦人科や小児科のドクター、新生児科の看護師や助産師、それだけでなく本当に様々な職種の方たちが協力して、チームとして一つの命を守っていると教えて下さいました。

生徒たちは真剣にお話を聞いていました。

川戸先生は生徒のみんなに、ぜひ将来、この中から新生児科の医師になる人が出てきて、一緒に働きましょうと呼びかけていました。


命の授業の最後に、生徒代表がお礼の言葉を述べました。

生徒たちは命について、改めて大切なものと感じ、よく考えていました。こうした機会をつくって下さった川戸先生、印西市教育委員会の皆様、ありがとうございました。
16:54 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)

お知らせ

スマホの適切な利用について、千葉県の作成したお便りをぜひご覧ください。
スマホの適切な利用に向けて.pdf ← ここをクリック
冬休みを前に、ご家族で一度話題にしていただければと思います。
 

お知らせ

本年度も2回、全校古紙回収を実施いたしました。第1回は5月27日(月)、第2回は12月5日(木)に行いました。地域のみなさま、本校リサイクル活動にご協力いただき、ありがとうございました。地域のみなさまに支えられて本校教育が成り立っています。今後ともご支援のほど、何卒よろしくお願いいたします。
 

お知らせ

6月6日(水)に長谷工コーポレーションの方から、中央南二丁目にマンションを新築する旨の連絡がありました。6月15日(金)に仮工事が着工し、7月31日(火)~2020年5月31日(日)までの工事予定です。通学路に利用する生徒のみなさん、近隣を通るみなさん、事故に十分気をつけて通行して下さい。
中央南二丁目地図
 

お知らせ

                             

保護者の皆様へ
地域の皆様へ

保護者のみなさま、地域のみなさま、たくさんの方々
に支えられて、本校の教育が成り立っています。今後ともよろしくお願いいたします。

セクハラ等の相談機関

○千葉県子どもと親のサポートセンター

(月~金8:30~17:15) 

(いじめ相談については、24時間・休日も受付)

0120-415-446

○子どもの人権110番(全国共通)

(千葉法務局内 月~金8:30~17:15)

0120-007-110

○ヤングテレホン

(千葉県警察少年センター 月~金9:00~17:00)

0120-783-497

○千葉いのちの電話(24時間)043-227-3900

○チャイルドライン千葉(月~土16:00~21:00)

0120-99-7777

セクハラ等の相談窓口

○原山中学校内(保健室:養護教諭、職員室:教育相談担当、教頭)0476-46-6911

○印西市教育委員会(代表:0476-42-5111


各種リンクに「親力アップいきいき子育て広場」をリンクしました
子育て支援の為に、千葉県教育委員会のホームページ」の中に、いろいろ役に立つ内容が入ったページがありましたのでご活用下さい。


 

天気予報

 
 

お願い

 生徒の活動を伝える際、「写真」・「作品」・「生徒氏名」を掲載する場合があります。
 何か不都合がございましたら、学校にお知らせ下さい。

連絡メールの登録をお願いします。
3.連絡メール登録プリント.pdf←ここをクリックしてください。

2・3年生の保護者のみなさまは、平成29年度に登録されていればそのままで大丈夫です。

子供110番 受け入れ家庭を募集しています。
46-6911 教頭まで