経営の重点


学校経営の重点

(1)学校教育目標の具現化を図る教育課程の編成

 ① 新学習指導要領の趣旨を理解し,移行期である今年度を生か
   し,完全実施に向けた教育課程の編成に努める。 

    ② 重点目標について,自己評価や学校関係者評価等を通して,学
   校経営上の課題を把握し解決につなげるよう努める。

    ③ 校内研修や若手教員研修の活性化を通して,教職員の資質や能
   力の開発・向上に努める。


(2)学習指導・道徳指導の充実

    ① 学習形態や発問,評価等の工夫により,学習への意欲を高め,
   基礎的・基本的な学習を定着させるとともに思考力や表現力を
   高める。

    ② 体験的な学習,問題解決的な学習を重視し,生徒指導の機能を
   生かした授業の実践に努める。

    ③ 各教科等において,授業のユニバーサルデザインを推進すると 
   ともに,児童一人一人のニーズに対応した指導に努める。

    ④ 読み聞かせや調べ学習等の活動を充実し,読書に親しむ態度を
   育成するとともに文章の内容を読み取る力を伸ばすように努め
   る。

 ⑤ 道徳教育推進教師を中心に指導法の工夫改善を図り,学校全体
   で進める道徳教育の充実に努める。

    ⑥ 道徳授業の公開等を通して,家庭・地域社会との連携を大切 
   にした道徳教育の実践に努める。


(3)生徒指導の充実

 ① 生徒指導の機能を生かした「わかる授業」の展開に努め,自己
   存在感を高め,自己決定の場をつくり,共感的な人間関係の育
   成に努める。
   

    ② 教師自ら人権意識・人権感覚の向上に努め,規範意識の醸成を 
   図り,いじめのない学校づくりに努める。

    ③ 発達の段階に即した児童理解と教育相談を重視した生徒指導に
   努める。

 ④ あいさつ・時間を守る・右側を歩く等の基本的生活習慣の定着
   を図る。

(4)健康・安全教育の充実

    ① 心身の発達の段階に応じた健康教育を推進し,望ましい生活習
   慣を形成できる力の育成に努める。

    ② 発達の段階に応じた安全教育を実施し,危険回避能力や「自分
   の命は自分で守る」防災意識の定着に努める。
 ③ 学校栄養職員と連携し,食に関する指導の充実に努める。


(5)特別支援教育の充実

    ① 個別指導計画を活用し,個々の教育的ニーズに応じた合理的配
   慮および教育内容や方法の工夫改善に努める。

    ② インクルーシブ教育の理念に基づき,特別支援教育コーディ
   ネーター,校内委員会を機能させ,全校児童を支援する。ま
   た,関係機関等との連携・協力を得ながら,支援の一層の充実
   に努める。


(6)特別活動の充実

 ① 話し合い活動や集団活動を通して,集団の中で自己を生かす能
   力の育成に努める。

    ② 「豊かな人間関係づくり実践プログラム」を活用し,人間関係
   づくりに必要な基本的な力を育成する。

 ③ 体験活動の充実に努め,豊かな人間性や社会性の育成を図る。

(7)キャリア教育の推進

    ① 日常の係や清掃,ボランティア活動,職業体験等の体験活動を
   通して,勤労観・職業観の育成に努める。

    ② 全教育活動を通して,自分の将来に夢をもち,社会的・職業的
   自立に向けて必要な基礎となる能力の育成に努める。


(8)教育環境の整備と充実

    ① 教育環境を見直し,教材の整備を進めるとともに,児童の学習
   意欲が高まる掲示に努める。

    ② 危険箇所の早期発見と改修を行い,きれいで安全な環境づくり
   に努める。


(9
) 学校・家庭・地域との連携の推進

 ① ホームページ・各便りを中心に,学校からの情報発信を積極的
   に行う。

    ② 学習や活動,安全指導等,保護者や地域の教育力を生かした取
   り組みに努める。
 ③ 中学校及び隣接する小学校と連携した教育に努める。

10)モラールアップと服務の厳正
    ① 学校の運営組織を機能させ,教職員個々の個性と能力を発揮で
   きる職場づくりに努める。

    ② 教育公務員としての自覚を持たせ,服務の厳正と綱紀粛正に努
   める。

(11)全職員による働き方改革の推進と総労働時間の縮減