学校情報

学校教育目標
「学びを生かし、豊かな心と
 たくましく生きる力を備えた
 子どもの育成」

 
学  校  名    印西市立内野小学校
所  在  地    〒270-1347
        千葉県印西市内野
     1丁目1番地

電話番号     0476-46-1781
FAX番号      0476-46-1782
E-mail         uchino-es@inzai.ed.jp
児  童  数    661名
     令和6年4月1日)
学  級  数    28学級
     
令和6年4月1日)
教職員数  52名
 

カウンター

COUNTER2787513

相談窓口

 子育てや学習等、お子様のことで悩んでいることやお困りのことがありましたら、遠慮なく担任または下記にご相談ください。

〇全ての相談に関する窓口:
 教頭0476-46-1781
〈教育相談〉  担任・教頭
〈いじめ相談〉 校長・教頭・
  副教務・教育相談担当・
  生徒指導主任・養護教諭
〈わいせつセクハラ相談〉 
  教頭・教務・教育相談担当・
  養護教諭

〇次回のスクールカウンセラー面談
 9月10日(火)10:00~16:00
※事前に予約が必要です。
 教頭までお問い合わせください。
※年間予定は「各種相談窓口」で
 ご確認ください。

〇そうだんばこ「こころのまど」

※校長室前に設置してあります。


〇「児童生徒向けわいせつセクハラ相談窓口について」
 →
わいせつセクハラ相談窓口について.pdf
 
※詳しくは、メニューの「各種相談窓口」をクリックしてください。
 
学校情報化優良校
2024年3月6日~2026年3月31日
本校が、令和6年3月6日付けで、
日本教育工学協会により「学校情報化優良校」に認定されました。 

        

「学校情報化優良校」とは、教育の情報化に総合的に取り組み、情報化によって教育の質の向上を実現している学校です。
 
日誌~校長室より
校長室より
12345
2024/06/27

プレ校内授業研究会(校長室より)

Tweet ThisSend to Facebook | by:7年
 本日、7月5日に予定されている第1回校内授業研究会に向けてのプレ授業研究会が実施されました。研究熱心な先生方は、校外から講師を招くだけではなく、このように校内の経験豊かな教員(他校から講師として依頼されたりもしています)を講師として研究会をもち、よりよい授業を作り上げていこうと頑張っています。

 本校で研究を進めている英語の授業が行われました。学級の温かい雰囲気が伝わる授業でした。先生方が明るく雰囲気を盛り上げる中、子ども達がいきいきと楽しそうに学習に取り組んでいる様子が大変印象的でした。

 
 
 
 
 

15:00
2024/06/24

クラブ活動(校長室より)

Tweet ThisSend to Facebook | by:7年
 今日は本当に暑かったですね。
 11時を過ぎた頃、熱中症計が「危険」でしたので、4時間目の体育と昼休みの外遊びを禁止しました。このままでは、6時間目に行われるクラブ活動で、サッカークラブや外遊びクラブはできないかもしれない、体育館のバドミントンクラブやバスケットボールクラブも中止にせざるを得ないかもしれない、と教頭先生と気をもみながら熱中症計とにらめっこしていたところ、2時頃になって少し雲と風がでてきました。熱中症計を見ると、「危険」ではなく「警戒」まで下がっていたため、十分注意しながらであれば運動をさせられると判断し、急遽放送で、一旦中止と連絡をしていたサッカークラブと外遊びクラブの活動OK!の連絡をしました。
 活動を中止にするのは簡単ですが、ある程度の運動量も確保しないと、子ども達の健康(体だけではなく、心も)が守れません。これから毎日、本当に悩ましい日が続きます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

16:08
2024/06/14

美化作業(校長室より)

Tweet ThisSend to Facebook | by:7年
 昨日、児童とPTAによる美化作業が行われました。
 
 子ども達は、学年に応じて、小石を拾ったり、草をとったり、土を運んだりと、一生懸命作業をしました。
 
 
 

 本当に多くの保護者の皆様が来てくださり、暑い中、子ども達のためにと学校の環境整備をしてくださいました。
 
 
 
 
 

 これが →→→ 保護者の皆様のおかげで →→→ こうなりました。
 

 こんなにゴミ袋が集まりました。


 美化作業に来てくださいました保護者の皆様、本当にありがとうございました。
またこの美化作業を行うにあたり、役員の皆様がさらに早い時間に来て準備をしてくださいました。役員の皆様が、作業後に「校長先生、どうぞ、少しとけていますが。」とちょうどよい加減にとけかけたペットボトルのお茶を渡してくださいました。前もって凍らせておいてくださったそのお心遣い、気配りに本当に感謝です。

09:00
2024/06/12

学校訪問(校長室より)

Tweet ThisSend to Facebook | by:7年
 本日、ニュータウン中央南地区と船穂・そうふけ地区の民生委員児童委員協議会の民生児童委員及び主任児童委員の皆様による学校訪問がありました。市の子育て支援課や子ども家庭課の方も来てくださり、皆で、学校や子ども達の様子について話し合いました。



 民生児童委員の皆様方、市の関係機関の皆様方が、いつも学校を温かく見守ってくださっていることに、心より感謝申し上げます。地域の力、保護者の力で、内野の子ども達がとても素直で、元気にすくすく育っていると感じています。
 今後ともどうぞよろしくお願いします。

12:00
2024/06/11

全校朝会での話(校長室より)

Tweet ThisSend to Facebook | by:7年
 全校朝会で、毎回、何を話そうかなと考えるのは楽しいものです。
 集中してお話を聞く練習もいるだろうと言葉だけのときもありますし、言葉だけでは理解することが難しい内容もありますから物や映像を使うときもあります。「三尺三寸の箸の話」のときのように先生方に演技をしてもらったこともあります。どちらかというと、言葉だけよりも、何かを使う方が多いですね。
 今日の全校朝会の話は「コロンブスの卵(+生卵とゆで卵+英雄か侵略者か)」でしたから、もちろん卵を使いました。

 この「コロンブスの卵」の話から、新しいことや初めてのことをするのは大変だね、何か新しいことに挑戦する人がいたら応援しようねという話、柔軟な発想力があるとすごいね、こうじゃなきゃいけないなんて思いこまないで、いろんな考え方でやってみようという話をしました。また、途中で、生卵とゆで卵の見分け方もやってみましたが、これは理科の「個体と液体」の学習をしているとわかることから、勉強していろんなことを知ると面白いし楽しいよね、という話もしました。
 最後に、少し難しい話もしてみました。それは、「コロンブスはヨーロッパ人として、初めてアメリカ大陸に着いた人」という話です。決して「発見した」ではないですと伝えました。コロンブスはヨーロッパ人からは勇敢な冒険家で英雄とされ、アメリカに住んでいた人たちからは侵略者ととらえられています。同じ人でも立場や見方、考え方によっては、これほど評価が違うということについて、物事を多面的に見る・考えるきっかけとなってほしいと話しましたが、少し難しかったでしょうか。

 

 全校朝会のお話は、低学年でも飽きないように、短めに簡単な言葉でと心がけており、そのため、十分に話ができなかったところもあります。ぜひ、ご家庭でも「今日、校長先生が『コロンブスの卵』のお話をしたでしょう。」などと話していただき、保護者のお考えも伝えていただけるとよいかと思います。

11:00
2024/06/03

先を見通す力(校長室より)

Tweet ThisSend to Facebook | by:7年
 4時間目の1年4組の様子です。
 体育の学習やその他教室を移動しての学習が4時間目にあるとき、よく先生方は子ども達に声をかけて給食の準備をさせています。給食を時間通り始められるようにという工夫です。先のことを考えて動くことを、自然と子ども達は学んでいます。

 
 
 以前学校だよりの巻頭言に「非認知能力」について書きました。また、昨年の家庭教育学級ではボーグ重子様を講師にお招きし、やはり「非認知能力」についていろいろと教えていただきました。
 今回の「先を見通す力」も非認知能力の一つになります。国語や算数のテストのように数値で計れない、生きていく上で大切な力です。
 先日の雨の日、レインコートを着てきた1年生が、「校長先生、とってください」というので、ランドセルの中に入れていたレインコートの袋を出してあげました。そのとき、ジップロックに入った靴下とタオルがランドセルのポケットに入れてあったのが見えました。保護者が、お子さんに「雨がひどいときは、こうやって用意しておくといいね。」などと言いながら、一緒に用意したのではないかと思うと、微笑ましくなると同時に、しっかりとお子さんの「先を見通す力」をのばしていらっしゃるなと思いました。
 雨の日は、濡れてびしょびしょになるかもしれないから、替えの靴下を準備し、タオルを多めに持ち、服装を工夫し、いつもよりも5分から10分程度早めに家を出るというように、先を見通して行動するとよいということを、ぜひ教えていただけるとありがたいです。こういう小さなことの積み重ねが、子どもの生きる力をのばしていきます。

13:00
2024/05/31

読書貯金表彰(校長室より)

Tweet ThisSend to Facebook | by:7年
 今年度も昨年に引き続き、読書貯金通帳に100冊貯金がたまった児童を表彰しています。高学年は難しい本や分厚い本を読む児童が多く、なかなか100冊はいかないので50冊としました。
 本日、今年度1番目に100冊読み終えた児童を朝の会で表彰しました。2年生です。

 

 素晴らしいですね。
 子ども達が本をたくさん読んでくれると、とても嬉しくなります。本は心の栄養です。読書は、考える力や想像する力を育てます。他人の気持ちや考え方を知ることは、他者理解につながり、心が豊かになります。知識を得る喜びも感じられます。何より「楽しい♪」ですよね。
 うちのっ子たち、これからもたくさん本を読んでくださいね。

13:00
2024/05/16

図書ボランティア(校長室より)

Tweet ThisSend to Facebook | by:7年
 子ども達が階段を上ると、すぐに目に入るのが、この素敵な掲示物です。



 これは毎月、図書ボランティアの皆様が作ってくださっています。季節に合わせ、カラフルで楽しい掲示物に、子ども達も先生方も皆ほっこりした気持ちになります。



 図書ボランティアの皆様、お忙しい中、いつもありがとうございます!

12:00
2024/05/10

初任者指導(校長室より)

Tweet ThisSend to Facebook | by:7年
 本校には今年度、「初任者」と呼ばれる先生1年目の先生が2人います。どちらもとても明るく元気で、そして本当に一生懸命頑張っていて、フレッシュな魅力にあふれています。
 そして、初任者がいる学校には「初任者指導」と呼ばれる、ベテランで指導力のある先生が必ずいて、初任者を見守り指導をしています。本校にも、以前校長先生としてご活躍された先生が、初任者の指導をしています。
 本日は、その初任者指導の先生が、放課後、初任者に体育の実技研修を行うことになっていたのですが、折角の指導を2人だけが受けるのはもったいないと、研究熱心な若手の先生方も一緒になって教えてもらうことになりました。(うちの若手は、指導力をあげようととてもよく勉強しています。)

 効果的な声かけの仕方や、体育が苦手な児童にも楽しんでもらえる工夫、安全面の配慮など、様々なことを教えてもらいました。
 初任者の指導力アップのための研修は、これから1年間、何十回にもわたって行われることになっています。

 頑張れ、若い先生たち!

 
 

17:00
2024/04/10

入学式の朝(校長室より)

Tweet ThisSend to Facebook | by:7年
 このようなおめでたい日の朝には、必ず用務員さんが桜茶を用意してくださいます。職員皆、1年生が入学してくるのを本当に楽しみにしているのです。



 これも恒例の、式典の朝、手作りのコサージュを校長が教頭先生の胸につけるやつです(wwwww)。



 入学式に参加された保護者の皆様、コサージュに教頭先生の好きな緑色のリボンがついていたことに気がつかれましたか。
 これから、何か学校にお見えになることがありましたら、ぜひ教頭先生の「緑」を見つけてみてくださいね。見つけられたら、その日はきっといいことがありますよ。てへぺろのイラスト(男の子)

11:00
12345