カウンタ
COUNTER1664640
令和3年9月15日100万ヒット突破令和4年5月31日150万ヒット突破
オンライン状況
オンラインユーザー29人




 

経営重点

(1)きめ細かな指導に努め「確かな学力」を育てる。

  ①学習指導要領に基づき、適切な教育課程を編成する。
       ②主体的・対話的で深い学びの視点から授業改善を進め、タブレット端末を活用し、思考
    力・判断力・表現力を育てる。
  ③指導目標を明確にし、多角的な評価に基づいた指導方法の改善を図る。
  ④習熟の程度に応じて補充・発展的な学習を取り入れるなどの学習活動を工夫し,個に応
   じた指導を推進する。   
  ⑤「学習の手引き」を作成・活用して指導と評価の一体化に努め、家庭学習を充実させ、
   基礎学力の定着に取り組む。
(2)落ち着いた学校生活と、感動のある学校行事を通して「豊かな心」を育む。

  ①人権教育の充実を図り、いじめ防止と生命を大切にする心を育てる。
  ②全教育活動を通して道徳的な実践力を育て、社会に貢献する姿勢やよりよい人間関係を
    築こうとする態度を育てる。
  ③生徒が主体的に取り組む学校行事を展開し、学校生活の楽しさや成就感を体験させる。
  ④教師が積極的に生徒のよさやがんばりを認めてほめ、生徒同士もお互いのよさを認め合
    う関係を築く。
(3)体育・健康・安全に関する積極的な指導により「健やかな体」をつくる。
  ①いろいろな運動を適切に行うことによって、運動に親しむ態度や体力の向上を図る。
  ②心身の発達に応じた健康教育を推進し、自らの健康を適切に管理できる能力を育てる。
  ③防災及び安全教育を推進し、危険を予測・回避して的確に行動できる能力を育てる。
(4)家庭・地域との連携を深め「地域とともに歩む学校づくり」を進める。

  ①学校・学年だよりやホームページなどを通して、積極的に情報を発信する。
  ②生徒の健康状態や困り感の把握に努め、素早く連絡し家庭と連携して対応する。
  ③さわやかコミュニティの組織を活用し、地域との情報・意見交換を図り、地域行事へ
   の積極的な参加を促す。
  ④学校評価委員の協力を得て、適切な学校評価とそれを基にした経営改善を図る。

(5)「学校における働き方改革」の趣旨を踏まえ、業務改善を進めながら、教職員の勤務時間
   の適正化を図る。
  ①月当たり正規の勤務時間を80時間を超えて在校する職員を0にする。
  ②部活動は平日2時間程度で1日は休みとし、休日は土・日どちらかを休みとし3時間程度
   とする。
  ③教職員の休暇取得を推進する。