カウンタ
COUNTER113082

日誌

今日の小林中2020
2020/04/03new

エピペン研修会

Tweet ThisSend to Facebook | by:小林中
本日4月3日(金)新学期を迎える前に、本校全教職員でエピペンの使い方について研修しました。

講師は本校の養護教諭です。スライドショーを用いて、アレルギーやアナフィラキシーショックとはどういうものか、どういう場合に、どのようにエピペンを使うのかレクチャーがありました。

どの教職員も真剣に聞いています。



まずは個人でエピペンの使い方を訓練します。ケースから取り出し、ストッパーを外して、太もも外側に強く押しつけます。約10秒間、さしたままにします。この時間が意外と長く感じます。

続いて、普通教室に移動して、訓練を続けました。

アナフィラキシーショックの症状を見せた生徒(役)にエピペンを使います。

一人の職員が足を押さえ、もう一人がエピペンをさします。

もう少し応援が呼べる場合は、複数で患者を押さえます。周りから人を遠ざけて、少しでも患者を落ち着かせます。体育館からAEDを持ってくる場合もあります。

毎年1回ではありますが、このようにエピペンの使い方を研修しています。使わなければならないような事故が起こらないことを祈りつつ、もしもの場合に備えています。

14:58 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)