学校長より

学校長より
12345
2022/04/07

令和4年 1学期始業式

Tweet ThisSend to Facebook | by:西の原中

令和4年度 1学期 始業式

 令和4年度がスタートしました。全校生徒628名、20学級となります。
 先程、2年生代表:○○○○さん、3年生代表:○○○○さんが、新学期の抱負を述べてくれました。学習に関すること、生徒会活動に関すること、部活動に関すること、進路に関することなどがありました。昨年の活動を土台として頑張ることを期待しています。
 学校教育目標は「社会に対応し、心豊かにたくましく生きる若者の育成」~常識と良識を持った生徒~です。本校は、生徒会が、常識と良識に対する意識が大変高く、一人ひとりが成長できるよう、日々の委員会活動を頑張っています。生徒会活動は学校の柱です。今年も期待しています。

 今年度も、コロナ禍の学校生活になります。感染予防は昨年と同じようにお願いします。今年も、予定されている活動を全て実現できるようにしたいと思います。皆さんの協力をお願いします。
 
 二つ、お話をします。
 一つ目ですが、先日学校へ出入りしているお客様が、私のところに挨拶にいらっしゃいました。そのお客様は、印西市はもとより印旛郡全ての学校に行っている方で、校長室に入るや否や、「西の原中学校の皆さんは、よく挨拶をしてくれますね。ほかの中学校とは違って笑顔で心のこもった挨拶です。」と褒めてくださいました。大変嬉しくなりました。
  気持ちの良い挨拶は、された相手の人は嬉しくなり、相手からも気持ちの良い挨拶が帰ってきます。幸せな気持ちになり、頑張ろうとするパワーが湧き上がってきます。
気持ちの良い挨拶、これからも続けていきましょう。

 二つ目ですが、アメリカ大リーグのシアトル・マリナーズを引退したイチロー選手を知っていますか。彼は45歳の引退まで,数々の金字塔を打ち立てた天才打者です。大リーグでは,10年連続200本安打を達成し,2004年には262本安打を記録し,84年ぶりに年間最多安打を更新しました。また日米通算では,大リーグ記録を上回る4367安打を記録しています。イチロー選手がプロで活躍し始めたころ,専属のバッティングビッチャーを務めていた奥村幸治さんが「今までに,これだけはやったなという練習はある?」と尋ねたろころ,「高校の3年間,1日たった10分ですが寝る前に毎日素振りをしました。それを365日,3年間つづけました。これが,誰よりもやったことです」と答えたそうです。素振り自体は,野球選手にとって当たり前の練習ですが,これを休まず行うことで,後の偉大な記録につながったのだと思います。先月の引退の記者会見で,子供達へのメッセージを求められ「自分が熱中できるものが見つかれば,それに向かってエネルギーを注ぐことができる。自分の前に立ちはだかる壁にも向かっていける」と話しました。
 大きな目標でもスモールステップな目標でもいいです。その目標に向かって努力を続けると必ず力がつきます。それをベースとしてまた取り組むことで、人はどんどん成長していきます。ぜひ皆さんも目標を持ち、取り組んでください。


12:41 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2022/01/07

3学期始業式

Tweet ThisSend to Facebook | by:西の原中

 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
始業式から雪の朝となりましたが、登校は大丈夫でしたか。朝、6時過ぎから先生方が雪かきをしてみなさんが少しでも安全になるよう雪かきをしてくれました。ありがたいですね。
 約2週間の冬休みは充実していたでしょうか。3学期に向けてエネルギーを蓄え、準備ができたことと思います。現在オミクロン株による感染が急激に増加しています。症状は軽いようですが、これまで通りの感染防止対策を続けていきますのでよろしくお願いします。

 令和4年の干支は、寅年。しかも「壬寅(みずのえ・とら)」といって60年に一度の干支です。壬寅は、壬と寅が組み合わされたものです。(詳しくは学校便りを読んでください。)
 壬の意味は「生まれる」という意味があり、「寅」は「人の前に立つ」、「延ばす・成長する」という意味を持っています。この2つの組み合わせである壬寅には、「新しく立ち上がること」や「生まれたものが成長すること」といった縁起のよさを表しています。ですから今年は、何か新しいことを始める絶好の年といえるわけです。

 さてそこで、今年、生徒の皆さんに大切にしてほしいことが2つあります。
◇目標を持って粘り強く
 壬寅は絶好のチャンス。夢や希望を持ち、何か新しいことを始めてみてはどうでしょう。もちろん身近なことでもいいです。小さなことでも目標を持って取り組んでみてください。何も考えず過ごすには勿体ないです。夢や希望、目標を持つことで、必ず今よりも成長した自分になります。
◇命を大切にすること
 一度も途切れること無く続いている「かけがえのない命」を大切にしてください。まずは自分の命、そして自分の家族や友達、まわりにいる人たちの命を大切にしてください。何かに悩み、どうしようもないときは、誰にでもどんな方法でもいいです、必ず相談してください。相手に対して優しさを持って接し、かける言葉は大丈夫かどうか(自分だったらどう思うのか)をよく考えてから話すことが大事です。

 最後に、3年生のみなさん、これからいよいよ入試が始まります。まずは、県内私立と茨城私立ですね。体調を万全にし、落ち着いて臨めば大丈夫。やる前に、「やるべきことは全てやった」と自分に言い聞かせれば、緊張せず脳もよく働くはずです。頑張ってください。
 1,2年生のみなさん、3学期は1年のまとめそして次の学年へのスタートの学期になります。学習面(授業、自主学習)頑張ってください。そして、なんといっても予餞会です。3年生に喜んでもらえるよう、3年間の思いが溢れるような予餞会を期待しています。

 令和4年が、皆さんにとって素晴らしい年になりますよう願っています。みんなで、頑張っていきましょう。


11:19 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2021/12/23

2学期終業式

Tweet ThisSend to Facebook | by:西の原中

 各学年から、2学期を振り返って、話をしていただきました。さすが、行事の学期です。体育祭や銀杏祭での思い出や成長できたことを話してくれました。3学期も常に目標・向上心を持って頑張ってほしいです。

 さて、 77日間の長い2学期でしたが、マスクの着用、手洗い・消毒、密を避ける、大声を出さない等、みなんの頑張りと協力のおかげで、無事に2学期を終えることができます。オミクロン株がじわりじわりと感染拡大してきています。今後もこれまでどおり感染予防に取り組み、安心して生活できるようにしていきましょう。

 コロナ禍の中、授業・生徒会活動・部活動・行事等にとてもよく頑張りました。授業は、真剣に取り組み少しでも理解しようと、また、どのクラスも授業の評価Aを取るべく頑張っていました。良い授業とは、先生とクラスのみんなが、良い授業にしようと努力しなければできません。知的好奇心が高まり、新たな知識を得る喜び、自分の考えと友達の考えを比べることで深く考えることができます。いつも、そんな授業でありたいですね。

 体育祭は、規模を縮小して実施しました。短い準備時間の中、応援団や実行委員会を始めとした各係活動を頑張りました。また、感染予防をしながら全力で競技に取り組みました。声を出さない応援合戦はダンスを中心とした新たなスタイルをつくり出しました。はじめはどうなるのかと心配しましたが、赤組も白組も素晴らしい応援を披露してくれました。応援団長や実行委員長からは、体育祭ができたことへの感謝と大きな思い出を得ることができた満足感を聞くことができました。

  銀杏祭・合唱コンクールは、全てのクラスが全力で頑張ることができました。コロナ禍のため2学年が体育館に入って行いました。本番までの道のりは、いろいろなことがあったと思いますが、それを乗り越え学級の団結と絆が一層深まり、本番では、曲想をイメージし、感情を込めて歌い学級全員の心が一つになった美しいハーモニーを響かせました。これまでで一番の合唱になったと思います。そして嬉しかったのは1年生より2年生、2年生より3年生とレベルが上がり、何と言っても3年生の合唱は素晴らしかったです。どのクラスも完成度が高く、きっと印西市で1番の3年生の合唱だったと思います。今でも、朝の会と帰りの会で歌声が響いているのが良いですね。3学期の予餞会そして卒業式での合唱が楽しみです。

 部活動は2年生・1年生にバトンが渡されました。緊急事態宣言が出され、大会やコンクールの実施が危ぶまれましたが、どうにか実施することができ、各部活ごと立派な成績を残すことができました。練習時間が少ない中、目標を持ち頑張った成果です。今後も更に上を目指し頑張ってください。大会やコンクールに応援に行くのが、校長先生としては何よりの楽しみです。応援しています、頑張ってください。

 生徒会活動では、2年生を柱とする新生徒会本部が誕生し、これまでの活動を更に良いものにしようと頑張っています。あいさつ運動と最近始まった、生活委員会と本部役員による下校指導。自分達で規律正しいより良い学校生活にするために自治的活動に取り組めることはたいへん素晴らしいことだと思います。今後も、「常識と良識を持った、ぶれない西の原中学校を目指していきましょう。

 3年生のみなさんは、受験に向け猛勉強の最中です。12月に入り、私立高校を第一志望としている人の個人面接の練習をしました。みんな、とてもよく練習ができていました。緊張でガチガチになっていても、練習した様子、一生懸命さ、誠実さがとてもよく伝わってきました。
  3年生のみなさん、この冬休みは受験勉強が中心になると思いますが、上手に気分転換してください。これまで勉強を続けた努力は、必ず力になっています。慌てず焦らず、最後まで粘り強く頑張り続けてください、応援しています。
  それでは皆さん、冬休みは、健康、交通事故、規則正しい生活に留意し、家の手伝い、人に迷惑を掛けない、公共マナーを守り、楽しい冬休みにしてください。1/7(金)に全員が笑顔登校してくることを楽しみにしています。よい年をお迎えください。


11:53 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2021/09/01

2学期始業式

Tweet ThisSend to Facebook | by:西の原中

 42日間の夏休みが終わりました。充実した生活がおくれたでしょうか。大きな事故やケガの連絡も無く、今日の始業式が迎えられたこと、とても嬉しく思います。
 夏休みに入る頃とは比べものにならないくらい、新型コロナウイルスの感染状況が悪くなっています。千葉県にも9月12日まで緊急事態宣言が発出され、印西市でも昨日は28名の感染者が出ており、多い日は57名、8月だけで480名の感染者が出ています。感染予防は、これまで以上にしっかりとお願いします。とくに、
 ①マスクの着用。登下校時のマスク着用と学校生活でのマスク着用をお願いします。
 ②こまめな手指消毒と手洗いをお願いします。とくに、学校に登校したときは、アルコ  ールによる手指消毒または石けんによる手洗いを必ずお願いします。
 ③マスクを外して授業や活動する場合は、先生の指示をよく聞き、極力話をしない、大  きな声を出さないようお願いします。
 ④給食時、食べるときは絶対に話をしないようお願いします。
 新型コロナウイルスがデルタ株となり、これまで以上に強い感染力となっています。マスク着用がこれまで同様、有効な感染防止手段となります。よろしくお願いします。

 私にとってこの夏休みは、3つの思い出があります。
●1つは、部活動の応援でした。残念ながら全ての部活動を見ることはできませんでしが、これまでの集大成を見ることができました。結果に悔いが残らなかったといえば嘘になるかもしれませんが、みんな最後まで諦めずに、県大会目指して頑張りました。吹奏楽部の演奏も素晴らしく、見事金賞。美術部も、素晴らしい作品を出品し、最優秀賞1点と優秀賞1点と4点の佳作に輝きました。県大会には、陸上部、剣道部、バドミントン部が出場しました。陸上以外はコロナのため応援に行けませんでしたが、県大会の晴れ舞台で、精一杯頑張りました。また、本校の部活動にはありませんが、水泳と体操競技が西の原中学校として郡総体、県総体で活躍しました。体操競技では、県大会優勝し関東大会に出場しました。
●2つ目は、東京オリンピックです。コロナ禍の中行われましたが、選手にとって、そして私たちにとっても勇気や夢をもらえるものでした。成績はメダル数58(金27、銀14、銅17)、入賞数78、入賞者総数は311人と過去最高の結果となりました。西の原中学校出身でトランポリンに出場した宇山芽紅さんは、安定した高難度の演技をし、見事5位入賞をしました。わたしも、ドキドキしながらテレビで応援していました。宇山さんには、いつか講演をお願いしたいなと考えています。
 オリンピアの皆さんのインタビューを聴いていると、オリンピックができた事への感謝、支えてくれた人への感謝の言葉が印象的でした。また、オリンピックのためにいろいろなことを我慢し、できうる限りの努力を積み重ねてきたこともとても伝わってきました。オリンピアの皆さんは天才だと思いますが、自分の好きなことに、自分の特性を理解し、目標を立て、その目標を達成するための手立てを考え、たゆまぬ努力を続けたことで天才が開花したんだと思います。私たちも、何か夢中になれるものをみつけ、努力したいものですね。
●3つ目は、先週の土曜日に行われた、環境整備作業です。緊急事態宣言になってしまったので、保護者の皆さんの参加は中止になりました。予定では、全世帯の50%以上の方が参加してくる予定でした。これは、信じられない数です。どんなに参加率のよい学校でも、せいぜい30%くらいです。さすが西の原中学校です。
そのかわりに、多くの部活動の皆さん・青少年相談員の皆さん・先生方(全員で180名)が参加してくれたおかげで、あれだけあった草が、約2時間できれいになりました。運んだ量は、トラック10台分でした。みんなで協力すると大きな力になるなと改めて思いました。草が生い茂っていましたが、おかげさまで、きれいな状態で2学期を迎えられました。ありがとうございました。

 さて、今日から2学期が始まります。行事の学期と言われます。色々な体験を積極的に取り組み自分自身、学年、学校を成長させてください。

 3年生は、来週の月曜日には実力テストがあります。とにかく自分の進路を掴むため、勉強に頑張ってほしい。学校のリーダーは2年生に移っていきますが、日頃の学校生活や行事では、3年生としての後ろ姿を、下級生に存分に見せてあげてほしいと思います。
 2年生は、部活動は既に新体制、生徒会活動も選挙が終わると実質2年生が、西の原中学校を支える柱となります。3年生が頑張ってきた活動を継承し、さらに素晴らしい活動・伝統をつくって下さい。
 1年生は、学校生活にも慣れ、いろいろなことに思いっきり取り組める学期だと思います。生徒会活動、部活動、行事、勉強と頑張ってください。

 今日発行する学校だよりにも書きましたが、勉強が難しくて、基礎的学力を向上させたいと思っている人が多いと思います。その手段として、ベネッセの『ミライシード』と『eライブラリ』という、オンラインでのドリル学習があります。ミライシードはクロームブックのIDで入ることができ、eライブラリは、全員のIDとパスワードを作成中です。家庭で、インターネット環境があれば無料でできるので、家庭学習がうまくいかないという人は活用してみてください。9月の中旬までには使えるようにしたいと考えています。

 それでは2学期が実り多き学期となるとよう、皆さんの活躍を期待しています。


 


11:40 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2021/09/01

1学期終業式

Tweet ThisSend to Facebook | by:西の原中

 マスク着用、手指消毒・手洗い、3密の防止など、新型コロナウイルス感染症防止にしっかりと取り組んでくれて、ありがとうございます。1学期の70日間を無事に過ごすことができました。学校においては、1学期に予定していた教育課程を全て行うことができました。

●普段の授業では、落ち着いた授業態度で、集中して取り組めていました。発表をするときにも手が上がり素晴らしいと思います。西の原中学校の良いところは、落ち着いた生活態度の中に、やる気や活動的なところがいいですね。
●生徒会の行事、生徒総会、部活動壮行会が行われましたが、コロナ禍に配慮し、リモートで行うなど色々と工夫をしてくれました。縮小にはなりましが、生徒主体の素晴らしい会になりました。ありがとうございました。
●1学期は、全ての学年で校外学習ができたことが、大変うれしいです。1年生の校外学習、2年生の自然教室、3年生の修学旅行、事前学習や係活動を通して、コンピュータを活用し新たな知識の習得、コミュニケーション力の向上、仕事の責任を果たすなど、大きく成長することができました。また、現地では初めての体験をたくさん行うことができ、たいへん有意義な活動となりました。
 
●部活動、3年生を中心として、目標を持ち毎日本当によく頑張っています。最後の総体が先週末に行われまだ続いています。みんなの一生懸命プレーする姿、最後まで諦めずに粘り強く頑張る姿に、目頭が熱くなり、大きな感動をもらいました。勝負の世界なので、勝つところもあれば残念ながら負けるところもあります。中学校の部活動は、始まったばかりの中間地点です。
3年生は、受験に向け勉強が中心となりますが、部活動で培ったねばり強さが、受験勉強でも生きてきます。頑張ってください。
3年生引退後は、2年生1年生のチームになります。2年生が柱となって、これまでの伝統を更に素晴らしいものにできるよう頑張ってください。応援しています。

※決まった人だと思いますが、ロッカー周りが整頓されていないことが増えてきたように思います。暑くなってきたせいか、上履きのひもがほどけていたり、かかとが潰れていたりすることがあります。ものを大切にすることは、自分や相手を思いやることにつながります。大切にしてください。

明日から、42日間の夏休みに入ります
◆定期テストが終わり、今日通知表をもらいます。自分の苦手なところや弱点もずいぶん見えていると思います。わからない人は、先生に聞いてみるといいですね。夏休みには、ぜひ苦手克服に頑張ってください。
◆オリンピック(宇山芽紅さん)・パラリンピックもあります。
◆命を大切に!! コロナ感染防止、交通安全(自転車は被害者にもなり加害者にもなります。歩道を決まりを守って歩いていても何があるかわかりません。)

9月1日に元気な姿で会いましょう。


11:38 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2021/07/01

令和3年度 部活動壮行会

Tweet ThisSend to Facebook | by:西の原中
 素晴らしい応援、ありがとうございました。各教室からの「3・3・7拍子」、体育館に届きました。やはり応援は力になります。また、各部活動の決意、しっかりと聞きました。

 春からの様々な大会、演奏会、そして3部会大会が終わりました。最後まで諦めずにプレーする皆さんの姿に感動しました。結果としても、立派な成績を収めた部活もありました。ただその中でも、目標とする結果には届かなかったり、満足なプレーや演奏ができていない人もいると思います。何が足りなかったのか、総体までにどう頑張らなければいけないのかは、皆さんにはしっかりと見えていると思います。
 残りの練習でそこを補い、最後の大会やコンクールで精一杯のプレーができ、悔いの残らない、今までで最高のパフォーマンスができるよう頑張ってください。
 本番は堅くならずに、楽しみながら、「よ~しやるぞ!!」という気持ちで頑張ってください。応援に行きます。皆さんの活躍を楽しみにしています。
16:52 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2021/06/28

第1回進路説明会

Tweet ThisSend to Facebook | by:西の原中

 本日はお忙しい中、ありがとうございます。また、日頃より、新型コロナウイルス感染防止の取り組みありがとうございます。どうにか、一人の感染者もなくここまできております。今後ともよろしくお願いいたします。


 さて、いよいよ3年生の進路が本格的に始まります。
◇進路指導は、3年生になってからはじめるものではなく、1年生から将来の進路に向け計画的に進めて参りました。その集大成が、義務教育が終了する3年生となります。夢の実現に向け、(社会に対応する)粘り強く生き抜く力の育成に努めて参ります。
◇5月の中旬から、毎週のように高等学校の校長先生が来校しています。
◇公立高校は、昨年度に今年度の日程が決まっていますので、昨年同様で、1回の受験になります。私立高校の日程は未だ決まっていませんが、昨年度と変わりなく行われるそうです。
 昨年度は、公立高校が1回の入試となり、第一志望で私立高校への進学者が県全体で増えました。それに伴い、公立高校受験者が例年より減少し、多くの学校で定員割れが見られました。
◇今後、進路希望調査をとり、夏休みに三者面談を実施し、高等学校の説明会等が行われます。気になる学校へは足を運び、実際に見て体験することが重要となります。どの学校もHPから情報を発信しています。興味のある学校については、こまめに確認をしてください。
 子供たちにとっては、人生で初めての大きな選択になります。軌道修正はいくらでもできますが、それには膨大なエネルギーが必要になります。自分の将来は自分で切り開いていかなければなりませんが、人生の先輩として保護者の皆さんの助言をお願いします。そして、最後には本人が決定する。もしも相談があるときには、遠慮無く担任・進路指導・学年主任にご相談ください。

◎修学旅行の参加希望ありがとうございました。京都の緊急事態宣言が解除され、蔓延防止が残りましたが、感染者が減少していること、京都奈良の修学旅行生に対する感染防止対策対策を考慮し、予定通り7月9・10・11に実施する方向で準備をしています。京都府からは、旅行当日だけでなく2週間前からの感染防止対策、帰ってきてから2週間後までの感染予防に留意して欲しいと言われています。これまでと同様、ご家族での感染防止への取り組みをお願いいたします。


16:12 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2021/05/28

生徒総会に向けて

Tweet ThisSend to Facebook | by:西の原中

生徒の生徒による生徒のための生徒会自治活動

                                       
                                                    
校 長 篠塚 俊満

 令和3年度 西の原中学校 生徒総会の開催、おめでとうございます。これまでの準備で頑張った、生徒会本部・委員会・部活のみなさん、ありがとうございました。今年度も、コロナ禍でいろいろな制約はありますが、学校生活を送ることができ、生徒会活動ができることは大変喜ばしいことです。

 生徒総会は、国家にたとえると国会に相当すると言われます。西の原中学校の生徒会組織は、生徒会本部役員を柱に、専門委員会と部活動で構成されています。生徒総会では規約の下、専門委員会・行事・部活動等の昨年度の活動報告、そして、本年度の活動目標・内容・対策、活動を支える予算計画が提案されます。総会日には、全校生徒で今年度の活動について確認し承認を得をとることに大きな意義があります。決まったことをもとに、よりよい西の原中学校となるよう、生徒全員で頑張っていきます。

 入学式の生徒代表歓迎の言葉では、制服や校則がない西の原中学校の伝統と素晴らしさを守り発展させるため、常識と良識を持った若者になることが大切であることを述べていました。西の原中学校という組織が、会員である生徒一人ひとりが充実し、組織としても成長していくためには、生徒の生徒による生徒のための生徒会自治活動を展開していく必要があります。生徒会の議案書の読み合わせをすると、「~して欲しい」という意見を聞くことがあります。「~して欲しい」よりも、「目標を達成するために、私は(みんなで)~をしたい」という積極的な意見が出てくると、楽しく充実した更に素晴らしい西の原中学校になると思います。
 
 最後に、中学生として自校の自治活動が順調に進めば、外にも目を向け地域のために何か活動(ボランティア)ができるようになるといいなと思います。では、令和3年度、皆で手を取り合い最高の西の原中学校をつくっていきましょう。


16:43 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2021/04/13

始業式あいさつ(要旨)

Tweet ThisSend to Facebook | by:西の原中

 明日209名の新入生を迎えます。全校生徒560名で、令和3年度「西の原中学校」がスタートしました。

 コロナ禍がしばらく続きますが、命を守ることを第一に、今後も感染防止に十分に気をつけながら学校生活をおくってほしいです。学校行事は、昨年同様、内容を精選し感染防止対策を十分行い、可能な限り実施していきたいと考えています。

 先ほど今学期の抱負で、学年代表の二人が話をしてくれました。
 「努力の継続」「授業への取り組み」「部活動・委員会の充実」について、学年を意識し充実した取り組みができるよう力強い意見が述べられました。PDCAサイクル、「Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)」を回していくことで、更によいものになり、皆さんはどんどん成長していくと思います。最近のスポーツ界のニュースでは、
 ○池江璃花子 選手・・・オリンピックメドレーリレー代表を勝ち取りました。目標を持ち、やり続ける力、辛くてもしんどくても努力は必ず報われる。
 ○大谷翔平 選手・・・初回にホームランを打ち、161.9㎞/hの速球を投げた
この二人の頑張りが伝えられました。目標を持ちそれに向かって粘り強く頑張り抜くことがいかに大切なのかを教わりました。 

 今年度の学校教育目標は、
 「社会に対応し,心豊かに,たくましく生きる若者の育成」 です。
    <社会に対応>激動の社会の様々な困難な問題に立ち向かっていく力
    <心豊かに>温かい心と豊かな感性
         (あいさつ、ありがとう、相手を思いやる心)
    <たくましく生きる>知恵と活力
            (確かな学力、行動力、思考力・判断力・表現力)


 最後に、皆さんの頑張りを、HPで紹介します。
 部活動の大会は応援に行きます。授業もなるべく1日1回は教室に行くようにします。みんなの活動の様子を、写真を撮って、HPにアップをします。差し支えのないような写真にします。


11:21 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2021/03/26

修了式あいさつ(要旨)

Tweet ThisSend to Facebook | by:西の原中
 1、2年生の皆さん、進級おめでとうございます。
 今年度は、新型コロナウイルスの影響で、学校の再開が6月になり、夏休みや冬休みが短くなってしまいました。さらに、授業内容や、体育祭や銀杏祭、予餞会などの行事もやり方を変えたり中止となってしまうものもありました。
 部活動も徐々に再開できましたが、一部の大会やコンクールが中止になるなど、みなさんが活躍できる場面が少なくなってしまいました。これは、西の原中だけでなく、日本中の中学生が辛い思いをしたはずです。
 そのような中で、皆さんはくさることなく、できる行事や部活動など、全力で取り組んでくれました。とても素晴らしく心強くも感じました。
 4月からそれぞれ、2年生3年生として西の原中を支え、盛り上げていく学年になってきます。来月には新入生も入学してきて新年度がスタートします。コロナの影響はしばらく続くと思われますが、みんなで知恵を出して工夫しながら、学校生活をしていってほしいと願っています。
  西の原中の学校教育目標は「社会に対応し、心豊かにたくましく生きる若者の育成」、サブタイトルで「常識と良識を持った生徒の育成」です。コロナ禍の社会情勢で、どんな行動をしたら良いのかを考えることは、学校教育目標と重なる部分もあります。
 そして、「常識と良識」の言葉には、他の人がいやな思いをするような言動や、登下校で歩道を広がって歩くこと、公園の使い方など社会のルールを含め、多くの場面で問われることだと思っています。
 明日からの春休み、そして先輩となる4月からも「常識と良識」を意識し、皆さんが地域から信頼され、西の原中が活気に満ちた地域の学校となっていけるよう、全員で盛り上げていってほしいと願っています。
19:07 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
12345