学校長より

学校長より
12345
2021/04/13

始業式あいさつ(要旨)

Tweet ThisSend to Facebook | by:西の原中

 明日209名の新入生を迎えます。全校生徒560名で、令和3年度「西の原中学校」がスタートしました。

 コロナ禍がしばらく続きますが、命を守ることを第一に、今後も感染防止に十分に気をつけながら学校生活をおくってほしいです。学校行事は、昨年同様、内容を精選し感染防止対策を十分行い、可能な限り実施していきたいと考えています。

 先ほど今学期の抱負で、学年代表の二人が話をしてくれました。
 「努力の継続」「授業への取り組み」「部活動・委員会の充実」について、学年を意識し充実した取り組みができるよう力強い意見が述べられました。PDCAサイクル、「Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)」を回していくことで、更によいものになり、皆さんはどんどん成長していくと思います。最近のスポーツ界のニュースでは、
 ○池江璃花子 選手・・・オリンピックメドレーリレー代表を勝ち取りました。目標を持ち、やり続ける力、辛くてもしんどくても努力は必ず報われる。
 ○大谷翔平 選手・・・初回にホームランを打ち、161.9㎞/hの速球を投げた
この二人の頑張りが伝えられました。目標を持ちそれに向かって粘り強く頑張り抜くことがいかに大切なのかを教わりました。 

 今年度の学校教育目標は、
 「社会に対応し,心豊かに,たくましく生きる若者の育成」 です。
    <社会に対応>激動の社会の様々な困難な問題に立ち向かっていく力
    <心豊かに>温かい心と豊かな感性
         (あいさつ、ありがとう、相手を思いやる心)
    <たくましく生きる>知恵と活力
            (確かな学力、行動力、思考力・判断力・表現力)


 最後に、皆さんの頑張りを、HPで紹介します。
 部活動の大会は応援に行きます。授業もなるべく1日1回は教室に行くようにします。みんなの活動の様子を、写真を撮って、HPにアップをします。差し支えのないような写真にします。


11:21 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2021/03/26

修了式あいさつ(要旨)

Tweet ThisSend to Facebook | by:西の原中
 1、2年生の皆さん、進級おめでとうございます。
 今年度は、新型コロナウイルスの影響で、学校の再開が6月になり、夏休みや冬休みが短くなってしまいました。さらに、授業内容や、体育祭や銀杏祭、予餞会などの行事もやり方を変えたり中止となってしまうものもありました。
 部活動も徐々に再開できましたが、一部の大会やコンクールが中止になるなど、みなさんが活躍できる場面が少なくなってしまいました。これは、西の原中だけでなく、日本中の中学生が辛い思いをしたはずです。
 そのような中で、皆さんはくさることなく、できる行事や部活動など、全力で取り組んでくれました。とても素晴らしく心強くも感じました。
 4月からそれぞれ、2年生3年生として西の原中を支え、盛り上げていく学年になってきます。来月には新入生も入学してきて新年度がスタートします。コロナの影響はしばらく続くと思われますが、みんなで知恵を出して工夫しながら、学校生活をしていってほしいと願っています。
  西の原中の学校教育目標は「社会に対応し、心豊かにたくましく生きる若者の育成」、サブタイトルで「常識と良識を持った生徒の育成」です。コロナ禍の社会情勢で、どんな行動をしたら良いのかを考えることは、学校教育目標と重なる部分もあります。
 そして、「常識と良識」の言葉には、他の人がいやな思いをするような言動や、登下校で歩道を広がって歩くこと、公園の使い方など社会のルールを含め、多くの場面で問われることだと思っています。
 明日からの春休み、そして先輩となる4月からも「常識と良識」を意識し、皆さんが地域から信頼され、西の原中が活気に満ちた地域の学校となっていけるよう、全員で盛り上げていってほしいと願っています。
19:07 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2021/03/12

卒業式式辞(概要)

Tweet ThisSend to Facebook | by:西の原中
 ご卒業おめでとうございます。
 今、手にしている一枚の卒業証書には、9年間の義務教育のすべてが込められています。
 紙の卒業証書の重さはとても軽いものですが、その卒業証書はとても重いものでもあります。みなさんの力はもちろんですが、生まれて今日まで育ててくれた家族、地域の方、そして多くの友達、一緒に汗を流したり泣いてくれた先生方など、多くの人たちの思いが入っている卒業証書です。
 本来ならば、この会場には1、2年生や来賓の方がいて皆さんの門出をお祝いしてくれるはずですが、新型コロナウイルスの影響で、このような形での卒業式となってしまいました。
 1年前、日本中の学校が突然の休校、その後再開しても、授業や行事、部活動など様々な活動に制限がかけられました。修学旅行や部活動の大会やコンクールなどが、相次いで中止となってしまいました。卒業生の皆さんにとってとても辛い出来事だったと思います。しかし、このような中でも、くさること無く学校生活を全力で過ごした皆さんは、とても素晴らしいと思います。
 皆さんは「帆船」という船を知っていますか。帆船は帆をいっぱいに広げて、風を受けながら大海原を進んでいきます。ちょうど良い風が吹いていると、船は順調に進んでいきます。人生はこのように順風満帆に、ずっと進んでいくことはありません。
 時には大きな嵐に遭遇したりすることもあります。先を急ぐあまり、強い風の中で帆を下ろすタイミングを誤り船を壊すこともあります。
 よい風が吹いているときは、帆をいっぱいに広げて、どこまでも進んでいってよいと思います。しかし、船を傷みつけるような嵐の時は、我を張らず、帆を下ろして嵐が過ぎ去るまで、じっと待ち続けることが大切です。大きな嵐ほど待つ時間は長くなりますが、必ず嵐はおさまります。
 現在、私たち人類が直面している感染症、無理に進んでいくよりも、しばらく休むことが大切だと、うったえられているように感じます。
 しかし、人類は知恵と協力でこの困難に打ち勝とうとしています。今の状況をマイナスに考えるのではなく、今はじっと我慢の時です。そして、よい風や吹き始めたら、帆をいっぱいに広げて、大海原に進んでいけばよいのです。
 これからの人生では良いことばかりではなく、辛いこともあると思います。その辛いときは、しばらく休むことが必要ではないでしょうか。休むことは無駄なことではなく、次に向けての準備でもあります。
 卒業生の皆さんが、大海原で大きな帆を広げて、順風満帆に進んでいくことを願っています。
11:43 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2021/01/06

3学期始業式あいさつ(概要)

Tweet ThisSend to Facebook | by:西の原中
 みなさんは年末年始はどのように過ごしましたか。コロナの影響で、例年のような旅行や帰省、部活動や習い事など、思うようにできなかった人が多いのではないでしょうか?
 今年は外出もせず家で過ごすことが多かったため、テレビでスポーツ観戦することが多かったです。感染防止をしながら、全力でプレーする選手の姿を見ているだけで勇気をもらうことができました。
 また、日本古来からの風習の一つである「初詣」も、混雑を避けるために時期をずらしたり、ネット参拝等をお願いする神社仏閣が数多くありました。私は毎年、有名な場所への初詣を行っていましたが、今年は近所の小さな神社に行きました。参拝者は数えるほどしかいませんでした。
  3年生は卒業まで2ヶ月あまりですが、進路決定の重要な3学期です。自分を信じ体調管理をしっかり行い、受験に臨んでください。そして、義務教育9年間のまとめをしっかりやってほしいと願っています。
 2年生や1年生はこれからの西の原中を引っ張っていくための重要な時期になります。自分だけでなく学校全体のことを考えられるような人になってほしいと思います。
 3学期を含めこの先も感染防止のために、様々な制約があります。しかしみんなで知恵を出し合いながら、できることをしっかりと、そして工夫しながら、一年間のまとめの学期としてほしいと思います。今日の始業式という節目を意識して、これからの自分自身のことや西の原中のことを考えていってください。そして誰もが居心地の良い西の原中学校にしていきましょう。
17:06 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2020/12/25

2学期終業式あいさつ(概要)

Tweet ThisSend to Facebook | by:西の原中
  8月24日からスタートした2学期、例年より10日ほど長い2学期も今日で終わりです。
 2学期の大きな行事である「体育祭」や「銀杏祭」、「生徒会選挙」など、試行錯誤しながら、規模や内容を変更して実施することができました。
 体育祭改めスポーツ大会は学級対抗の形式で競技を行い、学級の絆が深まる行事になったように思いました。銀杏祭の合唱も学年毎でしたが、制約の多い中での練習でしたが、どの学級も素晴らしい歌声になっていました。生徒会立ち会い演説会もビデオ等を使いながら、工夫したものになりました。
 日本だけでなく世界中が、今までの生活スタイルを大きく変えながら、大変な今を乗り越えようとしています。スポーツ大会や銀杏祭が盛り上がったのは、みんなでアイディアを出しながら、少しでも充実したものにしようという気持ちがあったからだと思います。しばらくは、このような状況が続くと思われるので、一人一人が自覚を持ち考えながら行動することが必要になります。
  テレビ等では連日のように「感染者が過去最高」などと報道されています。それを聞いただけで大騒ぎをする人がいるかもしれません。また、感染症の専門家のコメントは人によって違っていることに気づいているでしょうか?大切なことは、極端な報道に惑わされず、正しい情報をもとにした行動です。コロナに関するネット上の情報の8割は、不正確だという医師もいます。
 また、ある大きな病院の医師は、「コロナ以上に後遺症が怖いのが、インフルエンザだ」と言っていました。現在、印西市はインフルエンザの流行はありませんが、引き続き予防をお願いします。
 明日からの冬休み、交通事故や犯罪等に注意しながら、充実した休みにしてほしいと願っています。
13:00 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2020/12/07

新入生保護者説明会あいさつ(概要)

Tweet ThisSend to Facebook | by:西の原中
 感染防止対策のため、マスク着用、換気、椅子の間隔等、学校としてできる対策をとっての開催です。多くの方の参加に感謝します。
 6年前は、小学校入学前の説明会に参加したのではないでしょうか。その頃は初めての学校で不安な気持ちがとても大きかったのではないでしょうか。6年後の今日は、どんな気持ちでしょうか?小学校での6年間、お子様の成長を見てきたので、今回は6年前ほどの不安はないのではと思います。保護者の方の気持ちの成長も当然あります。
 子どもたちはこの6年間で、体も心も大きく成長しています。小学校入学時は、親が何でもしてあげたはずですが、中学入学では子どもたちが行っていくことが多くなります。
 親の「子離れ」が大切です。子どもたちも6年前と比べ、思春期に入る頃で少しずつ「親離れ」していきます。この二つがうまくいかないと、この先に不適応や家庭内で問題がおきやすくなることがあります。中学入学を機に、今まで以上に「子離れ」を意識して欲しいと思います。
11:40 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2020/10/15

スポーツ大会(10.12)

Tweet ThisSend to Facebook | by:西の原中
 体育祭の代替行事のスポーツ大会、例年のような応援団を組織せず種目も大きく変えて、今日まで実行委員を中心に練習してきました。学級対抗形式の種目を通して、学級の絆をさらに深めるだけでなく、運動の苦手な生徒でも楽しく参加できる大会になって欲しいと願っています。
11:41 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
2020/09/25

生徒会役員選挙(R2.9.25)

Tweet ThisSend to Facebook | by:西の原中

 新型コロナウイルスの影響により、多くの生徒会行事が中止や縮小になりました。そのような中で、杉山会長を中心に役員の皆さんが工夫しながら、今まで活動してくれました。先日は、成田日赤病院に、医療従事者の方に向けた皆さんからのメッセージを届けることができました。
 西の原中学校は、制服や校則が無い学校として県内に知られています。自分さえ良ければという考えではなく、相手のこと・学校全体のことを考えられることが大切になってきます。それが、教育目標にある常識と良識につながるものだと思います。
 その中心になり活動してくれるのが生徒会役員です。これからの西の原中学校の舵取りをしてくれる役員を決める大切な選挙、西の原中学校の生徒一人一人が真剣に考えて投票してください。
 世界中に広がった感染症、終息までにはしばらく期間が必要になることが予想されます。今まで当たり前のように行ってきたものを、新しい学校の生活様式へと変えていくことが求められます。
 今回、立候補してくれた皆さんを中心に、これからの西の原中学校の歴史をつくっていってくれるものと信じています。投票するみなさんも含めて、今の難局を乗り越えていくことを期待して挨拶とします。

 終わりに、今回の選挙に立候補した全員に対して、皆さんのやる気と学校を思う気持ちに感謝します。


14:11 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2020/08/24

2学期始業式(R2.8.24)要旨

Tweet ThisSend to Facebook | by:西の原中
  例年の半分以下だった夏休み、皆さんはどのようにすごしたのでしょうか。
新型コロナウイルスの感染予防だけでなく、猛暑が続く中で熱中症にも気をつけていたのではないでしょうか。
 3年生は進路決定に向けての学習や進路先調べ、1・2年生は暑い中での部活動などで、あっという間に夏休みが終わってしまった人もいたと思います。
 終業式でも話をしましたが、世界中で猛威をふるっている新型コロナウイルスのために、学校では勉強のしかただけでなく、行事の中止や縮小、暑い中でのマスク、大勢が集まる集会の自粛など、今まで当たり前のことができなくなっています。感染防止のために、新しい生活スタイルになっている家庭もあるかもしれません。
 今日から2学期ですが、1学期に引き続いて、学校内の生活も感染防止を意識したものになります。
 部活の大会やコンクールの中止、行事の縮小や中止で、投げやりになる生徒もいると、他校の先生から聞いたことがあります。西の原中だけでなく、日本中・世界中では、様々な制約の中でも全力で取り組んでいる生徒が多くいるはずです。新聞などでも、今の状況を逆手にとって、いろんなことをやっている中学生や高校生のニュースを見ました。
 毎年やっていることができないという考えではなく、今の状況で何ができるのかを考えて欲しいと思います。不安や文句ばかり言う人にはならないでください。 言葉はよくありませんが、歴史に残る出来事が現在発生しています。今の状況を楽しみながら、2学期の学校生活を送っていって欲しいと思います。先生方も皆さんの学習や活動を全力で応援していきます。
 最後に、県内や印旛地域でも、小中高校生や先生の感染事例が増えてきました。何度もお願いしますが、感染者を見つけ出したり、感染した方やその家族の人権を無視するような言動は絶対にしないでください。
09:22 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2020/08/07

1学期終業式あいさつ(要旨)

Tweet ThisSend to Facebook | by:西の原中
 今日は「立秋です」。暦の上では、今日から秋になります。その日に1学期の終業式を行うことなど、まったく予想していませんでした。
 新型コロナウイルスの影響で新年度のスタートが6月になってしまい、印西市は今日までが1学期でした。1週間前に梅雨が明け、今週は猛暑の中での学習や部活動が続いています。今日は「熱中症警戒アラート」が初めて千葉県に出ました。登下校を含めて十分注意してください。
 感染防止のために、西の原中だけでなく、日本中の学校では様々な対策がとられています。勉強のしかただけでなく、行事の中止や縮小、暑い中でのマスク、大勢が集まる集会の自粛など、今までの生活が大きく変わってしまいました。
 明日から2週間の夏休みに入ります。3年生は進路決定に向け、高校見学などが具体的になていきます。2年生は生徒会や部活動で全体を引っ張っていく立場になります。1年生は中学校生活のスタートが2ヶ月あまり遅れてしまいましたが、これから学習や行事、部活動などで力を発揮して欲しいと思います。
 短い夏休みですが、交通事故や水の事故、犯罪等に注意しながら、充実した日々を過ごしてください。
 あわせて、新型コロナウイルスの感染防止を意識してください。残念なことに、感染した方を見つけ出したり、誹謗中傷するケースがあるようです。感染した方やその家族はとても辛い思いをしているはずです。皆さんは、絶対にそのような行為をする情けない人には、ならないでください。同時に、体調不良の人に対しても、「コロナなの?」などと噂や冗談を言うのも止めてください。
  2学期の始業式は8月24日です。全員が元気に登校してくれることを願っています。
11:42 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
12345