情報に関する科学的な見方・考え方
「情報に関する科学的な見方・考え方」とは、どのような視点で物事を捉え、どのような考え方で思考をしていくのかという,物事の特徴や本質を捉える視点や思考の進め方や方向性です。
 情報的な見方・考え方を働かせて、目的に応じた情報メディアを選択し、調査や実験等を組み合わせながら情報収集し、目的に応じた表やグラフ、思考スキルを適切に選択・活用し、情報を整理することができるようにしています。

 一連の問題解決過程の中に、各教科等の特質に応じた「見方・考え方」を働かせながら、「知識を相互に関連付ける場面」、「情報を精査して考えを形成する場面」、「問題を見いだして解決策を考える場面」、「思いや考えを基に創造したり、伝え合ったり、多様な考えを理解したりする場面」を設定するなどして、統合的に資質・能力を高めていくことができるようにしています。