COUNTER798448
小中学校義務教育学校講師を募集しています
お知らせ

教育課程特例校としての取組


<情報探究カリキュラム>
学年別単元一覧はこちら
実践報告書はこちら

<生成AI等の高度技術ガイドライン
原山小学校の児童・保護者・教師を対象とした「生成AIを中心とした高度技術への向き合い方」というガイドラインを作成しました。
こちら

<学校公式の子供ブログ>
各学級で子供たちが学校の様子を発信しています。
6年1組
<エシカル消費プロジェクト>
5年生が中心となってエシカル消費を広める活動をしています。
2月にはイオン千葉ニュータウン中央店と連携してエシカル消費販売会を実施しました
子供たちが作成したサイトはこちら

<国際支援プロジェクト>
6年生が中心となって国際支援活動に取り組んでいます
3月4日(土)5日(日)にイオン千葉ニュータウン中央店チャリティバザーを実施しました。ちらしはこちら


<学校行事予定>こちら

・行事予定については,今後の社会情勢に
 より変更する可能性があります。
 ご了承ください。

○学校いじめ防止基本方針・・・こちら
○教育相談等窓口・・・こちら


<交通安全ボランティア募集>
地域や保護者の方で,登校時における交通安全ボランティアが可能な方
募集しております。
週1回でも結構です
ので,御協力いただける方は御連絡ください。
どうぞよろしくお願いいたします。
原山小学校 46-1701(教頭)


※出席停止関連の治癒証明書は
 「各種申請書」ページにございます。
※学校施設目的外使用許可を追加しました。

 次世代教育推進機構の特集に掲載されました
  → こちら

小中義務教育学校講師募集のお知らせ
  → 
 こちら

 

Map




 






 

印西市教育センター

  • 印西市小中学校ICT活用
  • 小中学校のようす
  • 小中学校のようす
  • 小中学校のようす
  • 印西市小中学校ICT活用
  • 小中学校のようす
  • 小中学校のようす
  • 小中学校のようす
  • 印西市小中学校ICT活用
  • 小中学校のようす
統計の基本的スキル
 情報活用能力の育成においては、基本的な操作スキルや情報に関する知識、統計に関するスキルも丁寧に身に付けさせる必要があります。情報とテクノロジーを適切に活用するための知識と技能は、個別最適な学びや協働的な学びの基盤でもあります。
 例えば、低学年で「音声、静止画、動画」の取り扱いができるようにしたり、2年生後半からローマ字入力ができるようにしたりしています。

 また、統計に関するスキルにおいては、「統計的な問題解決の方法」を身に付け、データに基づいて的確に判断し批判的思考することができるようにしています。
 低学年では、「問題設定」や「計画」、「結論付け」の部分はそれほど重く扱わず、児童にとって身近な題材に着目し、関係するデータを整理しながらデータの特徴を捉えることを中心に行うようにしています。また、中学年では、身近な題材から問題を設定する活動や、その問題に対して集めるべきデータとその集め方などについても徐々に扱っていくようにしています。さらに高学年では、一連の統計的探求プロセスを意識し、自分たちで問題を設定し、調査計画を立てることや、分析を通して判断した結論についても別の観点から妥当性を検討できるようにすることも扱うようにしています。