お知らせ

<新型コロナウイルス感染防止に対応した教育活動再開における
各教科等の指導計画や学習内容・方法について>

 学校再開にあたっては、長期間にわたり新型コロナウイルスと共存していかなければならな
いという認識に立ち、子供たちの健やかな学びと学校における感染リスクの低減の両立を可能
な限り図っていくこととします。また新型コロナウイルスに対する正しい理解や行動、感染者や濃厚接触者・医療従事者等に対する偏見や差別が生じないように指導を徹底して行います。
 
 これまでの日課表では、標準時数を上回る時数を確保できるよう設定していました。しかしながら、休校措置となったことによる授業日の減により、大幅に授業時数を下回ることになります。また、夏期休業及び冬期休業を短縮しても、学年最大 63 時間の授業時数が不足します(→第6学年で63時間の不足)。
 そのため以下のように日課を変更します。
① 週当たりの授業コマ数を増やす。ただし、児童に大きな負担増とならないよう、一日全体の学習時間を大幅には変えない。
  →週当たり、1・2年生は3コマ、3年生以上は3.5コマ増加させる。
② 1コマ40分授業とする。
③ 午前中に5時間授業(4、5時間目の間に10分休み)を実施する。
④ 水曜日に3~6年生なんでもタイム(1/2 コマ)追加する。
⑤ 金曜日は、1時間削除する。

 
日課表 2019