スマートフォンで正しく画面が表示されない場合は、画面下部の「パソコン」のアイコンをクリックしてください。

「緑のまきば」開室しています。
 
 
 

アクセス

印西市教育センターは「そうふけふれあいの里」の3階にあります。

〒270-1337 千葉県印西市草深924 
 「そうふけふれあいの里」3階
 電話 0476-47-0400
 FAX 0476-47-6644
 E-mail kyoucenter
              @city.inzai.chiba.jp
 

1.電車
  北総線 印西牧の原駅から徒歩 30分

2.自家用車
  駐車場案内1
  駐車場案内2 
 
3.バス 
  ふれあいバス 南ルート  中ルート
  「そうふけふれあいの里」下車
 

行事予定(センター関係)





 

お知らせ

市教委
12345
12345
学びの里通信
12345
2020/05/29new

分散登校実施中(高花小学校)

| by:教育センター
本日の分散登校の様子です。
来週から1グループ,2グループに分かれて毎日の登校が始まります。各教科のオリエンテーションや外遊びなどを行いました。




1年生は入学式の練習も行いました。初めての練習でしたが,上手にできました。




15:00 | 小中学校のようす
2020/05/29new

分散登校実施中(原山小学校)

| by:教育センター
本日は,1・2・5・6年生の分散登校の日です。午前中,それぞれのグループの時間に,元気に登校して
きました。 1年生は,6月2日(火)に行われる,入学式の練習を行っていました。
明日の分散登校は,3・4年生とつくし学級です。

 6月1日(月)からは,各学年毎に,1組と2組が交代で分散登校を行います。
 6月1日~6月12日の登校予定については,この画面の上にあるバー〔ピンク色〕の「お知らせ」
を御覧ください。
 

 

 
12:00 | 小中学校のようす
2020/02/29

素敵な掲示物(いには野小学校)

| by:教育センター
いには野小学校の掲示物です。保健員会の子たち、養護の先生、素敵です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
特別棟に向かう廊下の掲示板に,素敵な掲示物がありました。






 これは,保健委員会の児童が2月の委員会活動で作成したものです。
2月の保健のめあて「心の健康を考えよう」を受けて,「ふわふわ言
葉」「ちくちく言葉」を考え,掲示物にしました。
 言われて心が温かくなるような「ふわふわ言葉」が,学校の中,教
室でたくさん聞けるようになるといいですね。さらに,お家でも広が
るとなおよいですね。親子で話題にしてみてください。


 これは,保健室前の掲示物です。前に「おみくじ」を紹介しました
が,それが「プラス思考でいこう」に変わりました。


 例えば,自分の短所が「自信がない」だとすれば,そこを開けてみ
ます。出てくるのは・・


 見方を変えると,ほら長所になりますよ。さらに,「ひとことアド
バイス」をめくると・・




 「なるほど!」頑張ってみようかなという気持ちになれますね。
「おみくじ」の時と同様,保健室前を通ると,子ども達はこの掲示
物で自分の長所・短所を話題にしています。
 学校の中にある掲示物,ここからいろいろなことが発信されてい
て,子ども達はそこから知識を得たり,活用したりしています。
 これからも,大事な学習環境・情報発信の1つとして,校内の掲
示物をいろいろと工夫していきたいと思います。


15:00 | 小中学校のようす
2020/02/29

6年生 書写の授業で(小倉台小学校)

| by:教育センター
小倉台小学校 6年生の書写の授業の一コマです。
自分で選んだ言葉を発表していきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 どの児童も,自分がなぜこの四字熟語を選んだのか,しっかりと学級の友達に伝えることができていました。


















08:00 | 小中学校のようす
2020/02/28

おへそのひみつ(牧の原小学校)

| by:教育センター
牧の原小学校で行われた「おへそのひみつ」の授業です。
子どもたちの表情が何とも言えず素敵です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
絵文字:ハート養護の磯野先生が「おへそのひみつ」の授業をしてくださいました。       「おへそはなぜあるか」・・・おなかの中でお母さんとつながっていたところ。おなかのなかの赤ちゃんの成長をわかりやすく教えてもらいながら、「あんなに最初は小さかったのに、おなかのなかでこんなふうに育ってきたんだな。」と感動しきり。「お母さんにおへそから栄養をもらっていたんだ!」と驚く子も。生まれてきたあかちゃんのへその緒を切ってもらいました。そして、本物の赤ちゃんの重さでそっくりなお人形をそおっと抱っこしました。「命」の愛おしさを感じた子どもたちでした。
最後に、先生から、「これからつらい時や悲しくなった時、おへそをなでてごらん。お母さんとつながっていたことを思い出して気持ちが明るくなるよ。強くなるよ。一人じゃないんだものね。」にっこりうなずく子どもたちでした。







15:00 | 小中学校のようす
12345

新着情報

 RSS

お知らせ

 
2622728
オンラインユーザー129人

お知らせ

藤田医科大学医学部
微生物学講座・感染症科
ホームページより許可を受けて掲載しています