閲覧総数

3353461
オンラインユーザー11人

カレンダー(拡大可能)



 
   
大きな地図で見る

  
Email:nishinohara-esの後に@inzai.ed.jp
〒270-1334
千葉県印西市西の原2丁目7
TEL    0476-45-0150
 
Google


 
 
研修日誌
12345
2020/02/25new

示範授業5年生(国語科研修)

Tweet ThisSend to Facebook | by:7年生
2月25日(火)
富津市立湊小学校校長先生であられます横田経一郞先生をお招きして
示範授業を行って頂きました。

来年度から新学習指導要領が完全実施となります。
ソサエティ5.0の社会に生きる子どもたちに
どんな力を付けていけばよいか、全職員で研修しています。
今日は、示範授業参観と横田先生の講義により研修を深めました。

授業の様子を紹介します。
単元名は「国旗のデザインを正確に伝えよう」です。
対象は5年3組の児童です。
世界の国々の国旗を正確に説明する力を付ける授業です。

まず、横田先生の書いた国旗のデザインを説明する文を読んで
どの国の国旗か考えました。
でも、説明する文が十分ではないのでどの国旗か選べません。
そこで、説明するのに必要な要素を確認しました。

全体の形、部分の分け方の方向(縦か横か)、色の順序(上からか下からか)など
がきっちりと説明できれば相手に伝わることがわかりました。

次に、先ほど学んだ説明の仕方をもとに
ガーナの国旗のデザインを説明する文章を考えました。
ガーナの国旗にには星があります。
子どもたちは、その星の大きさを説明する文も必要であることに気付きました。

最後に、自分で選んだ国旗のデザインを説明する文章を考えました。
なかなか苦労していましたが
子どもたちなりに考えて説明する文章を書いていました。

45分という短い時間でしたが
脳がフル回転するような充実した授業でした。


いろいろな国旗がありますね。


この国旗の中から、先生が選んだお気に入りの国旗はどれでしょう。
先生の説明する文章から選んでください。

長方形、三等分、赤白青・・・
要素はこれだけです。

う~ん、どれだろう。






縦に三等分、左から青赤白・・・分け方や方向を表わす言葉が大事だね。




ガーナの国旗のデザインを説明する文章を書いてみよう。




自分が選んだ国の国旗のデザインを説明する文章を書いてみよう。
どの国旗の説明文を書きたいかな?






う~ん、難しい。








いろいろ工夫して細かいところまで説明できましたね!




最後は苦労しましたが、大変充実した学習になりました。

横田先生、ありがとうございました。

18:50 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/01/29

特別支援教育授業研究会(研究協議)

Tweet ThisSend to Facebook | by:7年生

ひまわり学級・コスモス学級の授業研究会が行われました。
授業後、研究協議を行いました。

授業の設計、指導・支援の内容、児童への言葉かけ等
授業を振り返り成果や課題をあげました。

講師である印西市教育委員会指導主事の深沢先生には、
子ども達のがんばりや先生方の努力等
たくさんほめていただきました。
また、さらに子ども達の成長のための指導・支援の手立てなどを教えていただきました。





この後、全体会で全職員が深澤先生からご指導をいただきました。
特別支援学級の児童だけでなく
私達教師は一人一人の児童をよく理解し
指導法を工夫改善しながら児童がわかるように指導・支援していかなければならないことを、改めて決意できた研修会となりました。

これからも西の原っ子のために
私達は指導力向上をめざして研修を積んで参ります。

16:54 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/01/19

単元構想研修

Tweet ThisSend to Facebook | by:7年生
研修では、国語科の授業作りに力を入れています。
子ども達が意欲的に取り組み、しっかりと力が付く授業作りに向けて
知恵を絞っています。















19:43 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/11/20

授業研究会(1年生)

Tweet ThisSend to Facebook | by:7年生
授業研究会の日、インフルエンザでお休みだった先生が復活して
特別に19日に授業研究を行いました。
まず「そうくんのさんぽ」のペープサート劇を子ども達に披露しました。





ぞうさんの上にかばさんが乗って、かばさんんの上にワニさんが乗って、
ぞうさんの散歩は続きます。
さて次は何が登場してきてどんな事件がおこるでしょう。

子ども達はつづき話を考えます。



子ども達の考えのヒントになるように、
いろいろな動物や動きを表す言葉を紹介しました。







できあがったお話をペアで読み合いました。
お友達のつづき話のよいところ、おもしろかったところを見つけました。







お友達の発表を聞いて、さらに続き話を考え直しました。
登場人物のセリフも付け足しました。

とってもよく頑張っていた2組の子ども達でした。

13:28 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/11/17

授業研究会(6年生)

Tweet ThisSend to Facebook | by:7年生
『伊能忠敬』の学習では,伊能忠敬の生き方について考えました。
50歳を越えてから日本を測量し始めた伊能忠敬。努力に努力を重ね,
何度も測量をし,日本地図を作り上げました。伊能忠敬の生き方は人によって
感じ方が違うと思いますが,見習うべきところがあると思います。


そこで,自分の好きな人の伝記を読み,偉人のエピソードと自分の経験を関連させた
『なりたい自文』を書き始めました。「偉人と自文は似ているところがある」「まだここまでの努力はしていない」など自分を見つめ直す時間となりました。



4月からは中学生です。今よりももっと自分の考えで動くことの大切さに気づくことがあると思います。今よりももっと自分の思いを表現しなければいけないときがあると思います。
12歳という今,今までのことを振り返り,これからの自分について考えてみることが必要だと感じました。

19:29 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345