「すべては子どもたちのために」                       SINCE 2000
 


 

閲覧総数

2041825
いつもご覧いただきありがとうございます。
オンラインユーザー7人
 

学校だより・学年だより


 学校 4表 4裏 5表 
5裏 6表 6裏 7表 
7裏 夏休み
 9表 9裏 
10表 10裏    11表 11裏   
12表    12裏 1表 1裏 
2表 2裏 3表 3裏 


 ひかり  10 

 1年     
 10 11 12    


 2年     
 10 11 12    


 3年     
 10 11 12    


 4年     
 10 11 12    


 5年     
 10 11 12    


 6年     
 10 11 12    


 保健     
 10 11 12    
 

所在地・アクセス

住所:〒270-1609
   千葉県印西市若萩三丁目9番地
電話:0476-98-2080
FAX:0476-98-2082

最寄り駅:北総線・京成成田スカイアクセス線「印旛日本医大」駅 徒歩7分
 
 
研究と修養
12
2022/06/09

第1回校内授業研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by:さくら
6月2日(木) 第1回校内授業研究会 
 6年1組 算数科「分数のかけ算を考えよう」

 ロイロノートを活用し、数直線や面積図で示しながら式や説明をして思考を深めました。画面を共有しながら友達の考えや表現を理解し、学び合いました。
 ヒントカードは、必要な児童へパソコンで送ることができます。一人一人に会ったヒントカードを選んで送りました。
 放課後には、職員で、ICT活用の良さや課題について話し合いました。
 児童が、お互いの考えをすぐに見ることができ、方法が見つからない児童にはヒントになることがよい点であるという意見が出ました。反対に、間違った考えも見ることができるので、間違えた答えを出した児童への配慮を考えていく必要があるという意見も出ました。今後、ICTを活用した効果的な指導方法の工夫を考えたいきたいと思います。
  
 研究協議
 

16:00
2022/06/06

第1回校内授業研究会 授業者より

Tweet ThisSend to Facebook | by:ひまわり
授業者①                                        
 6年1組では、算数科「分数のかけ算を考えよう」の授業を行いました。
1組教室と学年ルームの2つにわかれて学習しています。
 長方形の面積 縦 横の長さが分数の時でも公式が使えるかどうかを考えます。発展では、直方体の体積でも考えました。
 ロイロノートを活用し、数直線や面積図で示しながら式や説明をして思考を深めます。画面を共有しながら友達の考えや表現を理解し、学び合いました。

 

授業者②
 「分数のかけ算をしよう」の学習では,単元を通して段階を追いながらロイロノートを活用しました。教師側から一斉に問題やヒントを配ることができたり,児童から提出された考えをすぐに共有できたりすることで効率的に学習が進みました。紙のノートよりも簡単に考えを書き換えられたり,色を付けて工夫して示すことができたりするため,試行錯誤する場面が多く見られ効果的に学習することができました。

 

18:36
2022/05/12

5月12日の研修

Tweet ThisSend to Facebook | by:ペレ
 各学年ごとのクロムブック活用事例の紹介とロイロノートでの印刷の仕方の実技研修を行いました。
〈クロムブック活用事例〉
 1年生……パスワードの入力の仕方・写真撮り方
 2年生……手書き入力の仕方・野菜の観察カード作成(生活)
 3年生……グーグルスライドを使っての一日の流れの確認(掃除の様子など)
 4年生……作品の提出の仕方(図工)・外国語や道徳での振り返り
      子ども部屋を利用しての係活動の取り組み・体育での動画撮影
 5年生……ジャムボードを使っての情報ノート作成(国語)
      外国語でのデジタル教科書使用・社会と算数の宿題
 6年生……自分が作った枕草子の紹介(国語)・クリーン作戦の活動記録(家庭科) 
 ひかり……外国語でのデジタル教科書の利用・ロイロノートでワークシート活用(社会)
 音楽専科…グループ発表の共有
 各学年等でのクロムブックの活用例が紹介されました。
〈実技研修の様子〉
 ロイロノートでの印刷の仕方を研修しました。




 

16:26
2022/04/06

エピペン研修会

Tweet ThisSend to Facebook | by:choko
職員のエピペン研修会を実施しました。
食物アレルギーについての共通理解もしています。






●エピペンはグーで握ります
●太ももに当ててから、力を入れて打ちます

04:57
2022/04/05

不審者対応研修

Tweet ThisSend to Facebook | by:アル
  職員研修として「不審者対応避難訓練」を実施しました。
子ども達の安全を守るために、どうすれば良いかを考えたり役割を確認したりしました。




08:28
2022/03/23

令和3年度校内研究のまとめ

Tweet ThisSend to Facebook | by:Peter
 ★PDF版★ ← 見やすいです。






18:18
2022/02/05

音楽科・理科授業研究協議会(リモート全体会)

Tweet ThisSend to Facebook | by:Peter
 音楽科ICT校内授業研究会(第15回校内授業研)と理科ICT校内授業研究会(第16回校内授業研)を,校内リモートで実施しました。「密にならずに協議する」というのがねらいでした。
 企業のリモート会議の中にも充実しているものがあると聞きます。学校が負けているわけにはいきません。
 協議会は,建設的で充実したものになりました。
 マスクをしていても,授業者の反省や参観者の意見・感想等発言が聞き取りやすい。大きな副産物を得た協議会となりました。


 

 

16:46
2022/02/02

第13回校内授業研修会(生活科)

Tweet ThisSend to Facebook | by:キャリー
  外国文化にふれ合ことの楽しさに気付くことをねらいとした授業です。授業の前半では、ALTとともにクリスマスの表現を歌、コミュニケーション活動を通して慣れしみました。後半では、タブレットを使ってクリスマスカード作りをし、友達と交流する活動を行いました。




04:21
2022/01/31

第16回校内授業研修会(理科)

Tweet ThisSend to Facebook | by:ペレ
 理科 「私たちの生活と電気」(プログラミングを体験してみよう)
 
 この単元は,「エネルギー(電気)の交換と保存」と「エネルギー(電気)資源の有効利用」について学習します。今回は,学習したしたことを踏まえて、効率的に電気を使うプログラミングを体験しました。MESHというアプリを使うのは初めてでしたが、グループで話し合いながら、明かりセンサーや人感センサーを使って明かりをつけたり,消したり、モーターを動かしたり,止めたりするプログラムを考え、動作の確認をしました。







04:25
2022/01/30

第15回校内授業研修会(音楽科)

Tweet ThisSend to Facebook | by:たま
 音楽 豊かなひょうげんを求めて「冬げしき」

 この曲は、曲想と、拍、拍の流れなど音楽の構造との関わりや、曲想と歌詞の内容との関わりについて理解し、聴き取ったことと感じとったこととの関わりについて考え、曲の特徴にふさわしい表現をすることについて思いや意図を持つことをねらいとしている。ロイロノートを使い、楽譜に強弱を記入し、そこにどのような思いや意図があったのかをテキストに書き込み、互いの考えをイメージできるような活動をした。発表の場では、提出した中から作品を選び、学級全員で楽譜通りの強弱表現で歌った。友達の作品を丁寧に再現しようと歌うとする様子が見られた。





04:16
2022/01/28

職員研修(授業研修振り返り)

Tweet ThisSend to Facebook | by:こすもす
 昨日は、職員研修が行われました。ここでは、音楽科と理科の授業研修会の振り返りを行いました。感染対策として、クロームブックのMeet機能を使い、場所を分散して意見交換をしました。
 お互いに授業についての感想や意見を出し合い、今後の授業実践につなげることができました。







07:30
2022/01/16

第12回校内授業研修会(算数科)

Tweet ThisSend to Facebook | by:スマイル
算数科「データの調べ方」

 データの調べ方の学習では,多くの数値から平均値や最頻値,中央値などを考える活動をしています。
 今回はドットプロットを活用し最頻値を求める活動をしました。ドットプロットではデジタル教科書を活用しまとめました。班活動では,ロイロノートの共有のノートを使用し,それぞれのドットプロットの結果から最頻値を求める活動をしました。
 ロイロノートの共有のノートでは,ロイロノート内でデータの共有をしたり,リアルタイムで友達の作業を自分のタブレットから見ることができたりするので班活動ではそれぞれがタブレットを見ながら活動ができ,まとめる作業を簡単に行え,とても効果的でした。
 ドットプロットにまとめると平均値ではわからなかった数値のちらばりの様子がわかるということを理解しました。




04:33
2022/01/15

第10回校内授業研修会②(算数)

Tweet ThisSend to Facebook | by:カピバラ

 今回は、算数科の図形をデジタルコンテンツを使用して学習した。これまでは、紙を切って形を変えるという作業を行っていたが、パソコン上で行うことで、児童の頭の中もイメージがしやすいものであったと思う。やり直しをしたいときは、すぐにやり直せたり、いろいろな切り方をためせたりと、デジタルコンテンツを使用する良さを児童とともに感じることができた。教科や単元に合ったパソコン上で行う学習を今後もいろいろ試していきたいと思う。

05:04 | 今日の出来事
2022/01/13

第11回校内授業研修会①(図画工作)

Tweet ThisSend to Facebook | by:うきうき
図画工作科「本から飛び出した物語」

 物語から思い浮かべた登場人物の気持ちや、場面の様子を紙粘土でつくり、お気に入りの場面を友達と伝え合うことを楽しむ教材です。図書ラウンジや家の本でお気に入りの本を選び、心を開いて楽しくつくることができました。
 友達に作品を紹介する際には、作品と共に、選んだ本と、作品カードも一緒に添付しました。作品を通して自分が選んだ場面に相手が興味をもってくれたり、本を読んでみたくなったりするようにカードを書きました。
 友達の作品を見て、感じたことをロイロノートを使って、直接友達に送り合いました。友達から感想をもらうととても嬉しそうに感想を読んでいました。










04:26
2022/01/06

第10回校内授業研修会①(算数)

Tweet ThisSend to Facebook | by:こすもす
 今回、5年生の算数科「四角形と三角形の面積」の単元で授業研修を行いました。高学年では、1クラスを2つに分けて少人数での学習を実施しています。
 今回は、教科書に合わせたデジタルコンテンツを活用して、子どもたち一人一人に三角形の求積を行わせました。これまではプリントを切ったり貼ったりする具体的な操作活動によって行ってきましたが、デジタルコンテンツはパソコン上で活動できること、間違えてもすぐにリセットできることから、子どもたちは抵抗感なく、また活動時間を十分に確保しながら学習に取り組むことができました。

※写真は、単元後半で実施したひし形の求積の様子






 デジタルコンテンツはロイロノートやオクリンクとの互換性がないことから、今回は考えた方法をスクリーンショットさせて、その画像を大型モニターに映すことで発表させました。また、次時以降は、この画像を活用して「三角形の面積を求める公式」を導き出す学習に取り組んでいきます。
 1時間の中で複数のアプリを活用することは難しいと考え、今回はデジタルコンテンツのみに焦点を絞って取り組みましたが、子どもたちの技能や教える側の技能が高まれば、ロイロノートやオクリンクなども並行して活用し、複数の考えを比較・分類したりする学習活動にも取り組むことができるのではないかと思いました。これからの学習活動の広がりを感じることができた研修でした。

04:01
2021/12/16

第7回校内研研究協議会

Tweet ThisSend to Facebook | by:Peter
 特別支援学級と2年1組の授業研究会に関わる研究協議会を行いました。どちらもICTを効果的に使っており、他学年の参考となることがたくさんありました。提示の仕方や学習内容の共有化について、特に成果があったと思います。












04:16
2021/12/02

第9回校内授業研修会(国語)

Tweet ThisSend to Facebook | by:ねこみみ
「きつねの窓」
 「窓」には、どんなものが映るのか、子ぎつねの窓と主人公の窓に映ったものについて、比較して考えました。
 今回は、題材を通してクロームブックを使って学習することを行いました。ワークシートに感想や考えを打ち込み、グループでチャットのように話し合いができるムーブノート(ミライシード)を利用しました。
 教師の指定したグループ(今回は4人ずつ)で、お互いの考えを読み合ったり意見を伝え合ったりすることで、考えが深まりました。それぞれの話し合いを、教師のクロームブックで確認できることや内容が記録として残ることなども利点でした。提出したワークシートを、大型テレビで確認することもできるため、全体にも簡単に広められ、全体のまとめに活用することもできました。
 どの教科で、どのような活用ができるのか、また、どうしたら効果的に学習できるのか、さらに、研修していきたいと思います。 






04:28
2021/11/29

第7回校内授業研修会④(生活単元)

Tweet ThisSend to Facebook | by:flower
 「ひかりショップを成功させよう」

 児童達にとって興味関心が高い「お店屋さん」を学習に取り入れ、児童達のコミュニケーション能力の育成と金銭学習の習熟を図るという目的のもと、今回の学習をしました。ひかりルーム4学級が一つに目標に向かって、お店屋さんを開く為に必要な学習を計画的に進めてきました。今回ひかりルーム1組では、ミニひかりショップを開き、店員さんの言葉や即売レジのアプリを使用し、お金のやり取りをしたりしましいた。元気な声が教室中に響き渡り、楽しく学習ができました。







13:34
2021/11/28

第7回校内授業研修会③(生活単元)

Tweet ThisSend to Facebook | by:pooh
   ひかりルーム2組では、ひかりショップに向けて、商品のカタログや注文票、ロゴ作りをしました。これまでに話し合って使用するアプリを決め修正を重ねてきました。カタログやロゴは、テレビの画面で見合ったり、画面で操作しあったりしながら楽しそうに活動していました。注文票は、画像を検索してイメージを持ち、工夫する姿が見られました。作成したものを共有し、効率よく活用できるのでとてもよいと思いました。





13:37
2021/11/27

第8回校内授業研修会②(学活・食育)

Tweet ThisSend to Facebook | by:アルパカ
 「元気になる食べ方を考えよう」という題材の食育の授業を行いました。紙芝居を通して、食べ物が赤・黄・緑の3つの仲間に分けられること、どれも元気な体を作るためには必要なことを学習しました。その後、クロームブックのロイロノートを使って、元気列車という教材に、今日の給食の食材をのせ、給食は赤・黄・緑の3つの仲間の食べ物がそろっていることを確認しました。また、これから元気になる食べ方をするために、苦手なものをどのように工夫したら食べられるようになるかを考え、ひとりひとりの目標を決めました。
 ロイロノートを使った元気列車に食材をのせる作業は、とても興味を持って取り組むことができていました。
 事後活動として、チャレンジカードを活用し、給食をどれだけ食べることができたかの記録をします。ひとりひとりが決めた目標に取り組む機会にしたいと思います。






04:18
2021/11/26

第7回校内授業研修会②(生活単元)

Tweet ThisSend to Facebook | by:スイカ
   お金の計算は、数を表すときと同じように位取り表を使って表すとよいことを学習しました。ロイロノートを使い、買い物した金額を支払う設定で、位取り表にお金を一枚ずつ操作して置きました。提出したシートの正答に花丸をつけて返信すると、もう一度やってみようと次々にお金の支払いに挑戦しました。数図ブロックや算数セットのお金などの具体物を使うより、簡単に操作することができ、楽しく学習できました。
 しかし、何回か繰り返すとカードが重なったり、コインがカードの裏や画面から外れたりして上手くいかなくなることもありました。低学年には、1度だけの操作で提出するよう設定するとよいと思います。







04:01
2021/11/25

第8回校内授業研修会①(学活・食育)

Tweet ThisSend to Facebook | by: にこにこ
 今回の授業は、栄養教諭と共に、「自分の体を元気にする食べ方」の学習をしました。食べ物には、はたらきによって3つの仲間に分けられることや、それらをバランスよく食べることが大切であると理解しました。
 タブレットのロイロノートを使用し、今日食べた給食の食材を「元気列車」の「赤の貨物」「黄色の貨物」「緑の貨物」に楽しく乗せることができました。子ども達は、タブレット操作に慣れていて、上手に活動することができました。
 これまでは、シール貼りや切り貼りをしていたものを、今回タブレット操作にしたことで、子ども達にとって、視覚的に分かりやすく、操作活動しやすい、魅力的な教材になっていたと思いました。 
 好きな食べ物は、積極的に食べ、苦手な食べ物は、消極的な食べ方をしていた児童が、この学習を通して、もう少し頑張って食べてみようという気持ちになりました。 
 みんなの考えをタブレットに記入し、大型スクリーンで共有したことで、友達のよい考えや頑張ろうとする気持ちを知ることができてよかったです。
 これからの食べ方に、今日の学びがつながるようにしていきたいです。





04:02
2021/11/24

第7回校内授業研修会①(生活単元)

Tweet ThisSend to Facebook | by:マンボウ
 「ひかりショップを成功させよう」
 ひかりショップに向けて、製品作りをしました。ロイロノート・スクールを使用し、製品の手順を写真や言葉でまとめて、1人1ミッションとして送りました。自分の作業の仕方や方法を振り返ったり、止まってじっくり見たりするのにロイロノートはとても便利でした。振り返りは、感想と一緒に写真を送ってもらいました。写真を記録に残せるので、子ども達も満足そうでした。
 視覚的支援に優れたICT機器は、手順を確認したり、写真として記録に残せたりするので、他の学習にも活用しています。
 もっと効果的な方法はないか、この学習には何がよいか、ひかりルームの4クラスで情報を共有しながら、これからも研鑽に励みたい思います。







04:22
2021/11/23

第6回校内授業研修会(道徳)

Tweet ThisSend to Facebook | by:Klara
 道徳「ドッジボール大会」
 ドッジボール大会において,勝ちたいがために決めつけをしてしまう場面を中心に主人公やクラスメイトの気持ちを考えました。なぜ決めつけはいけないのかを考えながら,ロイロノート・スクールを使って,自分の考えを書き,友達の考えと比べました。また,自分が主人公だったら,ドッジボール大会が終わった後にクラスメイトに何と声をかけるかを考え,役割演技をしながらグループで交流しました。
 子どもたちにとって考えやすい題材だったので,今日考えたことを,これからの実生活の中で生かしていけるといいなと思います。
 ロイロノート・スクールなどのICTを利用すると,自分の考えを提出した後にすぐに他の子の考えを見て学ぶことができます。待ち時間もなくなり,たくさんの考えに触れることができます。ICTを活用しながら授業を進めていくことが,これからの授業のあり方なのかもしれないと思いました。






08:00
2021/11/19

第5回校内授業研修会②(算数)

Tweet ThisSend to Facebook | by:ジョー
 算数科の「かたちづくり」の学習で,子どもたちのクロームブックの操作の補助で学習に一緒に参加しました。
 色板を並べる操作は,事前にひと通り自分でも試してみましたが,色板の向きを変えたりする時など,指先ではやりにくく感じました。
 でも実際,子どもたちのほうが手慣れたもので,タッチペンをうまく使って,どの子も楽しそうに取り組んでいました。子どもたちが「かたちづくり」に関心を意欲的に取り組んだ授業だったと思います。





12:12
2021/11/14

不審者対応訓練事後研修

Tweet ThisSend to Facebook | by:こすもす
 印西警察署生活安全課の方から、不審者対応の仕方について詳しくご指導を頂きました。
 職員も自分が対応することになったら、という観点で一緒に考えながら取り組みました。











 先日、宮城県のこども園で不審者が侵入し、職員が対応したというニュースがありました。いには野小学校でも決して対岸の火事として捉えず、いつ起きてもしっかりと対応できるようにしていくことが大切であると、改めて感じました。

08:19
2021/11/06

第5回校内授業研修会①(算数)

Tweet ThisSend to Facebook | by:うさみみ
 算数科の「かたちづくり」の学習で、魚やロケットのかたちに三角形の色板を並べていきました。クロームブックでデジタル教科書の教材を使うことで、色板のカードを切る作業をなくし、子どもたちの活動の時間をたくさん取ることができ、楽しく取り組んでいました。1年生もクロームブックを使うのが上手になり、指で画面をタッチしての操作もスムーズになってきました。
完成したものを友達と共有し、同じところやちがうところを見つけて、並べ方に注目させたかったのですが、今回の方法ではテレビに一人分しか映すことができませんでした。複数の画面を映すには、ロイロノートやオクリンクを使う、カメラを使うなど
発達段階にあわせた効果的な方法を見つけていきたいと思いました。




19:40
2021/11/06

校内研修(学力向上をテーマに)

Tweet ThisSend to Facebook | by:こすもす
 この日は,「学力向上」をテーマに校内職員研修に取り組みました。
 毎年全国の6年生が実施する「全国学力・学習状況調査」は,調査結果を分析し,教職員の指導改善に生かすことが大きな目的です。
 そこで,今年のいには野小学校の調査結果を基に,特に誤答が多かった問題を取り上げて,「なぜこのような誤答が起きたのか」「どのように指導改善すれば子どもたちの理解が深まるのか」をグループで話し合いました。
 いには野小学校で特に課題となった問題は以下の2つです。

<国語科>
・修飾語がどの言葉をくわしく説明しているのかを問う問題

<算数科>
・8人で4Lを等しく分けたときの,1人分を求める問題





話し合った後は,全体でシェアリングをしました。






 グループで話し合ったことを,日頃の学習の中で生かしていくことが大切です。先生方もこのようにして指導改善に努めて,子どもたちがわかりやすい授業づくりを行っています。

18:12
2021/11/03

第4回校内授業研修会(学級活動)

Tweet ThisSend to Facebook | by:Heidi
 学級活動(人権教育)
 みんなと仲よく生活できるように人権標語を作りました。世界人権宣言について知り、「命を大切すること」「仲よくすること」を意識し人権標語を作りました。
 
 友だちは とっても大切 なかよくね
 いじめはね とても悲しい やめようね
 あいさつを いっぱいすると 笑顔だよ
 イジメはね 勇気がいるけど 止めようね
 わる口で じさつする人 いるんだな
 ぼくたちは 人権を守って 生きていく

 一人一人が人権を意識した標語を作り、ロイロノートで共有しました。いじめのない、明るく元気な学校生活を送ってほしいです。
 素晴らしい標語ができたので、学年フロアーに掲示したいと思います。




04:43
2021/11/01

第3回校内授業研修会(社会科)

Tweet ThisSend to Facebook | by:pengin
 社会科「ごみのしょりと利用」の学習で、家庭で出るごみをどのように処理しているのかや、ごみを減らすために家庭で行っていることなどについてインタビューを行いました。その内容をjam boardの付箋にまとめて整理し,撮ってきた写真を貼り付けました。班ごとに色を効果的に使って工夫してまとめました。それをロイロノートに提出し、自分たちで動かしながら調べてきたことを紹介しました。
 子どもたちは友達と協力しながら丁寧に準備を進め、とても詳しくわかりやすい発表を行っていました。今後は自分たちの意見や調べてきたことを分類・整理するために、手軽にjam boardを利用することができるようになっていけたら良いと思います。


19:32
2021/08/21

特別支援教育研修会 8/20

Tweet ThisSend to Facebook | by:スイカ
 今日の研修では、具体的な事例をもとに、児童理解・指導方法について詳しく教えていただきました。
 一人で対応するのではなく、たくさんの先生方との関わりをもちながら、自分の力を発揮できるようその子が今成長するのに、どんな関わりをすればよいのか、何を必要としているのか見極めながら、試行的指導を日々積み重ねていくことが大切だとわかりました。長い目でみていくこと、そして教えていただいた「焦らない・煽らない・あきらめない」で繰り返し指導を続けていきたいと思います。












04:42
2021/08/11

すごい、メカトロウィーゴ(校内研)

Tweet ThisSend to Facebook | by:カピバラ
画面で動かす猫よりも、子どもたちにとってわかりやすい動きなので取り組みやすいと思いました。実物が動くことによってプログラミングをしているという実感がわいてよいです。


17:31
2021/08/04

ロボット研修!!(校内研)

Tweet ThisSend to Facebook | by:flower
ロボットにある指令を与え、ロボットを動かす研修をしました。
指令通りロボットが動いてくれて、とても楽しかったです。大人でも楽しんでできたので、子ども達はもっと興味深く学習をしてくれるんだろうと思いました。学習をしていくと、ロボットを「こう動かしたい」「ここで動いたら・・・」と色々と考えを巡らせるので、楽しみながら思考力が身についていくのだと思いました。


04:11
2021/08/03

算数・数学科オンライン研修

Tweet ThisSend to Facebook | by:pooh
 8月2日。印西市教育センター主催の算数・数学科のオンライン研修がありました。本校からは2名が参加。会議室で,たくさんのことを学ぶことができました。


04:16
2021/08/02

可愛くて賢い(校内研)

Tweet ThisSend to Facebook | by:むーみん
私の命令を忠実に聞いて、思った以上の動きをするロボットに感動しました。
見た目以上に賢い子たちでした!


( ©MODERHYTHM / Kazushi Kobayashi)

17:35
2021/08/01

歩くメカトロウィーゴ研修

Tweet ThisSend to Facebook | by:スマイル

歩くメカトロウィーゴを動かす研修を行いました。スクラッチを使用し,様々なコマンドを入力することで,メカトロウィーゴが踊ったりポーズをとったりしました。メカトロウィーゴの動く仕草がとても可愛らしかったです。


( ©MODERHYTHM / Kazushi Kobayashi)

06:11
2021/07/31

オリジナルダンス(校内研)

Tweet ThisSend to Facebook | by:Heidi
 メガトロウィーゴのダンスは、どんどん進化しています。カスタマイズできるのでいろいろと選んでみました。動きや音源がいくつか入っていて、組み合わせるのが面白く我を忘れて楽しんでしまいました。盆踊りのような和風な感じが印象に残っています。このような機能を使って、オリジナルダンスを児童が作成できるのではないかなと思いました。その他の可能性を想像できました。
( ©MODERHYTHM / Kazushi Kobayashi)

12:05
2021/07/30

ロボット wego (校内研)

Tweet ThisSend to Facebook | by:ねこみみ
 スクラッチでプログラミングをしてロボットを動かしました。片足でバランス良く立ったり、踊ったり、楽しい動きをしてくれました。顔の部分にカメラがあってロボットから見える景色も見せてくれました。いろいろな可能性があって技術に感動しました。
( ©MODERHYTHM / Kazushi Kobayashi)

04:13
2021/07/29

動いた!メカトロウィーゴ (校内研)

Tweet ThisSend to Facebook | by:マンボウ

 パソコンでロボットが動かせるなんて!
 かわいいメカトロウィーゴがパソコンのスクラッチによる指令を受けて、応援したり、ダンスをしたり・・・すっかり童心にもどり、楽しく研修することができました。
 プログラミングと聞いて、身構えてしまっていましたが、かわいいメカトロウィーゴの姿に、夢中でパソコンに向かっていました。実際にやってみると、想像していたよりも簡単で楽しくできました。


( ©MODERHYTHM / Kazushi Kobayashi)

04:18
2021/07/28

ナイスメカトロウィーゴ(校内研)

Tweet ThisSend to Facebook | by:カピバラ
スクラッチを利用した実技で、子どもたちにとって実物が動くことは、画面上で猫が動くよりも達成感があると感じた。
動きにいろいろなレパートリーがあり、楽しめてよいと思った。
ロボットの動きに沿うような発問、問題を自分が考えられるかが課題であると思った。

( ©MODERHYTHM / Kazushi Kobayashi)

04:38
2021/07/27

特別支援教育研修会 7/26

Tweet ThisSend to Facebook | by:flower
 学校では、障害の有無にかかわらず、個性を尊重し、共に学ぶ共生社会の実現を目指しています。今回は、合理的配慮の充実やインクルーシブ教育の推進について職員研修をしました。2学期の効果的な交流学習の進め方について理解を深めました。






04:38
2021/07/25

ロボット研修(実技研)

Tweet ThisSend to Facebook | by:ひまわり
ロボット研修を行いました。かわいらしい動きがユニークにです。
落ち込んだポーズやバンザイのポーズなどプログラムできるところが、魅力です。

( ©MODERHYTHM / Kazushi Kobayashi)

12:00
2021/07/24

GoGo!メカトロウィーゴ (校内研)

Tweet ThisSend to Facebook | by:Klara
 スクラッチで動くロボットにとても感動しました。嬉しい、楽しいだけでなく、悲しみなど様々な感情の動きがあるので、お題に合うように、たくさんの動きを組み合わせられることがわかりました。

 特に、音楽と組み合わせられたダンスの動きが素晴らしく、楽しいと思いました。
今は30秒くらいと長めなので、10秒くらいのショートバージョンのダンスなど、バリエーションがいくつかあるともっと楽しくなると思いました。

 対象が4年生くらいからとのことでしたが、1年生からでも楽しめるように、スクラッチのブロックの所に漢字に読みがなをつけてあると使いやすいと思いました。


( ©MODERHYTHM / Kazushi Kobayashi)
 

05:59
2021/07/23

踊るウィーゴ君(校内研)

Tweet ThisSend to Facebook | by: にこにこ

初めて、ロボットを動かす経験をしました。
自分の指令通りにロボットが動く喜びを感じました。
子どもでしたら、なおさらでしょうね。
そして、更にその感性の良さでもっと、素晴らしいプログラミングをするのでしょうね。
その楽しさから、興味や関心を広げて更に、将来的に人の暮らしに役立つ物や、生活を楽しく、豊かにする物を作り出してくれるとよいな、と思いました。

また、学習の際には、先日の岸先生の授業のように、「テーマ」や何かミッションを与えた上で、プログラミングするとそれぞれの思考や工夫の違いが見られてよいと思いました。
楽しかったです。ありがとうございました。

( ©MODERHYTHM / Kazushi Kobayashi)

04:33
2021/07/21

ロボットダンサー (校内研)

Tweet ThisSend to Facebook | by:キャリー

カスタムしたダンスのプログラミングにリズム感よく、踊るロボットに愛着がわきました。

( ©MODERHYTHM / Kazushi Kobayashi)


05:00
2021/07/17

職員校内研修(7月15日)

Tweet ThisSend to Facebook | by:こすもす
本日の職員研修は、1学期の取り組みの振り返りを行いました。
それぞれの職員が1学期中に取り組んだ成果と課題を発表しました。








様々なアプリを使って授業に取り組んだことが1学期の大きな成果でした。2学期以降の課題としては、より効果的な方法を模索したり、いろいろな場面でICTを活用したりしていくことが挙げられました。

14:16
2021/07/15

研究推進委員会 7/14

Tweet ThisSend to Facebook | by:マンボウ
今日の研究推進委員会では・・・
1学期の研修の振り返り
各授業研実施月のとりまとめ
夏季研修について
・・・話し合いました。
 今学期は、私達教員がICTに慣れることを目標に取り組んできました。ICTをどのように授業で活用していったらよいか、今までの基本の学習スタイルや身に付けさせたい学習習慣の中、どのくらいの割合でICTを取り入れていいたらよいか、試行錯誤の1学期間でした。

03:55
2021/07/11

ロボット研修(実技研)

Tweet ThisSend to Facebook | by:choko
自分が作ったプログラムで、目の前のロボットがかわいく動きました。
もっともっと動かしたくなる、とても魅力的なロボットでした。

( ©MODERHYTHM / Kazushi Kobayashi)

19:35
2021/07/09

ロボット研修

Tweet ThisSend to Facebook | by:スイカ
初めての体験にドキドキわくわくしました。自分が選んだ通りにロボットが目の前で動くので、次々に動作を組み合わせていくことに夢中になりました。絶妙な動きに感動しました。握手をしたり、首をかしげたりする動作があると、もっとイメージが広がりそうですね。


04:25
2021/07/08

ちゃんと動いた!(ロボット研修)

Tweet ThisSend to Facebook | by:アルパカ
スクラッチで入れたとおりにロボットが動いておもしろかったです。
以前の研修でのスクラッチの操作よりもずっと簡単にできた印象です。
楽しく簡単にプログラミングについて学ぶことができました。


04:00
12